暗号通貨プロジェクトは2023年10月に攻撃、フィッシング詐欺、および出口詐欺で5,160万ドルを失う:Beosin社

Yamada
| 1 min read

暗号通貨プロジェクトは2023年10月に攻撃

画像引用先:Pixabay

Beosin社のセキュリティ監視プラットフォーム、Beosin EagleEyeは、2023年10月に暗号通貨業界で23件のセキュリティインシデントが発生し、それが総額約5161万ドルの大きな損失をもたらしたと報告しています。

これらの損失は、ハッカーによる攻撃、フィッシング詐欺、および出口詐欺という三つの脅威に起因しています。

9月から暗号通貨のセキュリティインシデントは85%減少


報告によれば、10月は9月に比べて暗号通貨のセキュリティインシデントによる財務的損失が85.6%減少。ハッカー攻撃が最も大きな割合を占め、約2,833万ドルの損失を引き起こしています。一方で、出口詐欺による損失は約1,202万ドル、フィッシング詐欺が約1,126万ドルの損失をもたらしています。

注目を集めたセキュリティ事件には、Fantom Foundation氏のウォレットから約700万ドルが盗まれた事件、フィリピンに拠点を置く暗号通貨取引所であるCoins.ph社が約600万ドルの損失を出した重大な侵害、およびパスワード管理ツールであるLastPass社が約440万ドルを盗まれた侵害が含まれていました。

これらのケースはすべて、プライベートキーの侵害に起因しています。

出口詐欺のインシデントが増加


10月には、損失が100万ドルを超える出口詐欺のインシデントがいくつか発生しました。

また、以前から詐欺行為の疑いをかけられていた、Fintochチームによって開発されたWeb3ゲームプロジェクト「FinSoul」も被害に遭いました。

驚くべき金額の損失にもかかわらず、2023年10月のさまざまなブロックチェーンセキュリティインシデントによる全体の損失は、9月と比較して大幅に減少しています。

また、プライベートキーの漏洩が引き続き、ハッカー攻撃による金融的損失の主な原因であり、総損失の67%を占めています。

さらに、この月にはTelegramボットがサイバー攻撃の犠牲となる2件の事例も報告され、それらの使用に関連する固有のリスクが強調されました。

Telegram BotプロジェクトのMaestroとUnibotは、互いに1週間以内にハッカー攻撃を受け、合計で100万ドル以上の損失を出しました。