パウエルFRB議長がウクライナ戦争開始後初の発言を控え、米議会に注目が集まる

Fredrik Vold
| 1 min read
Jerome Powell. Source: video screenshot, Yahoo Finance / YouTube

 

米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長は、今週の水曜日と木曜日に議会で証言する予定で、暗号資産市場と伝統的市場の両方の市場参加者は現在、ウクライナ戦争勃発後の経済に関する彼の最初のコメントを心待ちにしています。

下院の金融委員会で行われる証言は、一般市民がFRBが経済について話すのを聞くことができる約5週間ぶりの機会となります。

パウエルは前回、主に米国のインフレ抑制に向けたFRBの取り組みについて話しましたが、それ以来、世界の経済見通しは著しく複雑になっています。ロシアに加えられた重い制裁、ロシアルーブルの暴落、1バレル110米ドルを超えるまで急騰した原油価格などが、事態を複雑にしている要因のひとつです。

「インフレは我々が考えていたより長く続いている」「インフレが定着しないように我々のツールを使っていく」と、パウエルは前回、FRBの政策について公の場で語りました。

ウクライナ戦争に加え、COVID-19対策も前回のパウエル氏の登場以降、欧米ともに緩和されており、経済活動を後押しする展開が予想されます。

今、市場がパウエルに抱いている大きな疑問は、戦争の影響がFRBが計画している金融引き締めにどの程度影響するかということです。米国の次回の予定金利調整は3月16日に行われ、中央銀行は0.25%の利上げを行うと予想されています。

アトランタ連銀のラファエル・ボスティック総裁は2日、オンラインセミナーで「今のFRBの仕事はより難しくなっている」と述べました。

ロイター通信によると、「私たちの仕事は、より難しくなりました。エネルギーは大きく変化しています。エネルギーは大きく変化し、人やモノがヨーロッパを移動する能力も大きく変化しそうです。サプライチェーンやさまざまなものに影響を与えます。私たちが解明しなければならないことはたくさんあります」とボスティック氏は語った。

ウクライナ戦争が始まって以来、米国の2年物国債の利回りは、水曜日10:00UTC時点で、1.6%から1.36%に低下しています。債券利回りの低下は、インフレ対策のために市場金利を上昇させようとするFRBの取り組みをさらに複雑化させる可能性があります。

さらに、金利上昇の環境に消費者物価の上昇、特にエネルギー価格の上昇が重なると、経済停滞とインフレを併せ持つ、いわゆるスタグフレーションに陥ることが懸念されます。

「スタグフレーションの時代に突入しています。問題は、(パウエルが)『スタグ』をより重視するか、『フラレーション』をより重視するかです」と、Bleakley Advisory Groupのピーター・ブックバー最高投資責任者は昨日のコメントでCNBCに語っています

10:29 UTC時点で、ビットコイン(BTC)は44,156米ドルで、過去24時間で2.3%、過去7日間で15%上昇しています。

パウエル氏の証言は本日10:00ET(15:00UTC)に開始される予定です。

____

詳しくはこちら:
Crypto Market Braces for Volatile Week Ahead of Fed’s ‘Emergency Meeting’
Bitcoin Rises with All Eyes on Ukraine, Fed’s Next Move

As Inflation Is Here to Stay, Bitcoin, Ethereum, and Gold Investors Will Win, But Brace for Volatility – BitMEX
How Raising Interest Rates Curbs Inflation – and What Could Possibly Go Wrong

Potential Fallout From War in Ukraine May Be Priced Into Crypto Market – Observers
Traditional Markets, Crypto Trim Losses, Moscow Exchange Won’t Open Today as Kyiv and Moscow Start Talks