AIミームコインWienerAI、事前販売で3億円以上を調達

Naoki Saito
| 1 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。

AIとミームが融合したWinenerAI

AIとミームを組み合わせた暗号資産(仮想通貨)プロジェクトWienerAIはこのほど、WAIのプレセール販売額が200万ドル(約3億円)を超えた。

同プレセールは、執筆時点で230万ドルを調達しており、1トークンあたり0.000708ドルで販売されている。

トークン価格は、調達額が237万ドルを超えるもしくは予定時間を過ぎると値上げする。

同プレセール参加は、イーサリアム(ETH)、ステーブルコイン(USDT)、クレジットカードを使用して、公式サイトから購入できる。

AIとミームを融合させた仮想通貨


WienerAI(WAI)は、人工知能(AI)技術とインターネットミームを組み合わせた暗号資産(仮想通貨)プロジェクト。

AI分野はこのほど、OpenAI(ChatGPT-4o)やGoogle(Gemini)など大手AI企業の発表が相次いでいる。またミーム分野においても、仮想通貨市場で取引量が伸びており、大きな存在感を見せている。

その中で同プロジェクトは、「AI取引ボット」システムを採用しており、AIが大きなリターンを得るであろうと予測したトレーダーを模倣した自動取引を行う。

また、大手ミームコインであるドージコイン(DOGE)などと同様、インターネットミームとして有名な犬をモチーフとしたプロジェクトとなっている。

年間利回り421%の報酬を提供


同プロジェクトは、総トークン供給量の20%をステーキング報酬として割り当てており、執筆時点で年間利回り421%のWAI報酬を提供している。

プレセール参加者は、トークン公開前であってもステーキングへ参加することが可能で、執筆時点で24億枚のトークンがステーキングされている。

この仕組みにより、トークン公開後も、長期保有を促進し価格急落を抑えることができると期待されている。