ミームコインとAIが融合したOracle Meme(OMEME)が次の爆伸びコインとなる理由

Naoki Saito
| 2 min read
免責事項:本記事はプレスリリースです。CryptoNews Japanによる編集内容ではありません。

ミームとAIを混ぜたOMEME

Oracle Meme(OMEME)は、高度なAI機能とミームコインを組み合わせたを最新の暗号資産(仮想通貨)プロジェクトです。

同プロジェクトは、ミームAIジェネレーター、ミームコインジェネレータ、ミームレイヤー2ネットワーク、ミームウォレット、ミームローンチパッドが作成可能で、仮想通貨界で次のキーマンとして期待されています。

なぜOracle Memeは注目を集めるのか?


Oracle Memeは、壮大なビジョンと高度なAI機能を備え、他ミームプロジェクトと一線を画したプロジェクトとして大きな成長の可能性を秘めています。

ミームコインは、ここ数年で人気が高まっており、投資家に大きなリターンをもたらしています。しかし一方で、一晩で急落し大損失をもたらすことでも知られています。

これらのリスクがあるにも関わらず、市場は活発化しています。しかし、技術的な知識、リソース、専門知識の欠如により、多くの人が参入できていないのが現状です。

Oracle Memeは、このような状況に終止符を打つべく、以下のような製品を提供しています。

  • ミームAIジェネレーター:ミームアイデアをAIが提案し、カスタマイズや共有できるようにすることで、ミームコイン作成が簡素化される。
  • ミームコインジェネレーター:ユーザーが技術的な知識など要らずでミームコイン作成できる機能。
  • ミームレイヤー2ネットワーク:Oracle Memeとその関連プラットフォーム全体で高速かつ効率的な取引を可能にするレイヤー2ネットワーク。
  • ミームウォレット:ユーザーがすべてのミームコインを一元管理できるウォレット機能。
  • ミームローンチパッド:新しいミームコインを発売するためのプラットフォーム。OMEMEトークン保有者は、早期投資が可能となる。

同プロジェクトは今後、市場の動きに合わせてさらに多くのコンセプトや製品を導入し、ミームコイン愛好家のハブになることを目指しています。

魅力的な受動的所得と戦略的なトークン設計


OMEMEトークンの割り当ては、プラットフォームの長期的な成長を促進するように設計されています。

たとえば、投資家が受動収入を得るためにステーキング機能を備え、プレセール段階から参加できるようになっています。これによって、長期的なトークン保有を奨励します。

初期のプレセール段階では、ステーキングの年間利回りは107%になる可能性があります。

総トークン発行量(500億枚)のうち、20%(100億枚)がステーキング報酬に割り当てられています。

OMEMEのトークン設計

プレセールで調達した資金は、プロジェクト開発、マーケティングイニシアチブ、流動性に割り当てられます。

このようにOMEMEトークンは、ステーキング、マイクロトランザクション、投票、チップなど、エコシステムを支える重要な通貨となります。

また、プロジェクトが成長するにつれて、ゲームやDeFiなどのさまざまな分野とのコラボレーションも期待されています。

OMEMEが問題を克服


ミーム市場の問題を解決するOMEME

現在流通しているほとんどミームコインは、ドージコイン、柴犬、ペペなどの人気プロジェクトの複製にすぎず、ほとんどのミームコインが発売後数日以内に注目されなくなってしまいます。

そのため、新しいミームコインプロジェクトは、市場へ参入し人気を集めることが難しくなっています。

投資家も、そのようなミームコインの中から、価値のあるミームコインを見つけることは困難です。結局のところ、長期的な成長が期待できずとも、トレンドになっていることを理由に投資することになります。

また、高い取引手数料を請求されることや、詐欺やラグプルが横行していることで、従来の投資家が市場に参入することが難しくなってしまいます。

Oracle Memeは、これらの問題を克服することを目指しています。

プレセールは2024年5月27日スタート!


5月27日にOMEMEプレセール開始

OMEMEのプレセールは、2024年5月27日に開始されます。

投資家は、割引価格でプロジェクトへ早期参入することができます。

またプレセールの立ち上げに先立ち、コミュニティの構築に注力してきています。

柴犬やPEPEのようなミームコインも、忠実なコミュニティを構築することで成功できています。Oracle Memeも同様に、ソーシャルメディアを使ってエンゲージメントを高めできたことで、プロジェクトの成功を彷彿とさせています。

Oracle Memeは、ミームコインとAIの要素を組み合わせたことで、トークン上場後の価格も強気の予想が出ています。同プロジェクトは、今年のミームコインランキングのトップへ踊り出ることでしょう。