AIブロックチェーン「CryptoGPT」が1,000万ドルの資金を確保、評価額は2億5,000万ドル

Ruholamin Haqshanas
| 2 min read

頭部の断面図とテクノロジー

出典:Pixabay

AI開発に特化したイーサリアムレイヤー2ソリューションのCryptoGPTが、評価額2億5千万ドルで1千万ドルの資金調達を行いました。

シリーズAラウンドは、デジタルアセットマーケットメーカーでマルチステージWeb3投資会社であるDWF Labsが主導したと、同社は月曜日にTwitterで述べています。

「DWF Labsからの2億5千万ドルの評価額での新たな資金調達により、GPTは財政的にも戦略的にも、web3における最も確立されたレイヤー2開発との位置づけになります。」と同社は語ります。

CryptoGPTは、イーサリアムベースのレイヤー2で、スケーリングを実現するために、ある当事者が別の当事者に何かを証明することに依存するオフチェーン手法であるzkRollup技術を使用しています。

同社は、フィットネス、デート、ゲーム、教育などの分野でユーザーのデータをマネタイズすることで収益を得たいと考えています。

具体的には、ユーザーはアプリの使用中に、CryptoGPTがユーザーの好みや行動など、データの一部を収集することを許可するオプションを持っています。

この情報は、企業が人工知能モデルを訓練するためにデータを購入する、より大きなマーケットで販売されます。また、ユーザーは自分のデータを共有する代わりに、収入を得ることができます。

つい最近も、Web3に特化したAIアシスタント「Alex」を発表し、zkRollupレイヤー2のブロックチェーンと、商用アプリケーション向けにデータを収集・暗号化・転送するdata-to-AIエンジンを開発しています。

一方、CryptoGPTのネイティブトークンであるGPTは、このニュースを受けて月曜日に10%以上急騰しましたが、その後、上昇幅を修正しました。

このトークンは現在、約0.07ドルで取引されており、過去24時間でほぼ横ばいとなっています。さらに、執筆時点の時価総額は2000万ドル強、24時間の取引量は約600万ドルとなっています。

GPTトークンは現在、Bitfinex、BingX、Bybit、Bitgetを含むいくつかの主要取引所で利用可能です。月曜日には、同社のトークンが韓国最大の法定通貨取引所であるBithumbにも上場されることを明らかにしました。

CryptoGPT、規制環境が改善される中、アジアへの進出を視野に入れる


CryptoGPTは、アジア最大のマーケットメーカーであるDWF Labsのサポートにより、「最も戦略的な時期にアジアに進出する 」ことができると指摘しています。

同プロジェクトは、香港が世界の仮想通貨ハブとしての地位を取り戻すために、規制環境が緩和されている時期に、アジア展開を行うと言及しました。

つい最近、香港の財務長官がブログで、最近の市場の不安定さにもかかわらず、香港がWeb3を推進するのは「正しい時期」であると述べました。

彼は、仮想通貨産業が2000年代初頭のインターネットと同じプロセスを経ていると主張しました。2022年の仮想通貨メルトダウンを2000年のドットコムバブル崩壊と比較し、生き残った市場関係者は技術革新、アプリケーション、価値の創造に焦点を当てたと主張しました。

「次のステージでは、市場参加者はブロックチェーン技術をより深く開発する必要があり、透明性、効率性、セキュリティ、仲介排除、脱プラットフォーム化、低コストといった特徴や利点が、より広い適用場面を見つけ、より多くの既存の問題を解決できるようにします。」