恐怖の末、スペイン人は今年、海外暗号資産保有を申告する必要がなくなる

Tim Alper
| 1 min read
Source: iStock/Zerbor

 

スペインで「混沌」が「茶番」に変わる可能性 – 税務・資産申告書が暗号資産に適用されないことが判明しました。少なくとも今年は適用されないでしょう。

Cryptonews.comが報告したように、スペイン議会は昨年、(理論的には)すべての暗号資産保有者に、保有するコイン(特に海外の取引所やウォレットに保有するトークン)のサイズと場所を説明する年次申告書を提出させる法改正に賛成し、論争を巻き起こしたのです。

そのため、暗号資産保有者は「海外保有資産」に関連するModelo 720フォームを使用するように言われました。過去には、これは海外の不動産や有形物にのみ関連していましたが、議員たちは、証券や暗号資産などの無形資産にも適用されるべきであると決定しました。これはもともと、国際的な不動産取引で課税所得を隠そうとする市民を取り締まるための、詐欺防止およびマネーロンダリング対策の手段として考案されたものです。

しかし、暗号資産保有者が指示されたことを実行できるようにするModelo 720のバージョンを展開する計画は、困難に悩まされているようです。

今月初め、法律の専門家は、財務省自身を含む「誰も」、暗号資産保有者が本当にフォームに記入する必要があるのかどうか、そしてその方法を知らないようだと嘆きました。

しかし、提出期限まであと数日となった今、同省は、暗号資産保有者が書類を提出する必要がないことを示唆し、撤回したようです。

El Economistaは、同省が「暗号通貨に関する情報」を書式に記載する必要がないことを「認めた」と報じました。同報道は、税務署が申告を強制するための「関連規制の整備」がまだ不足していることも確認したと述べています。

また、書式には株式や有価証券に関する項目がありません。これは事務的な見落としだと解釈する人もいます。しかし、これは海外の無形資産を2021年3月期には計上する必要がないことの表れとも受け取れます。

規制当局は来年の納税シーズンに合わせてこの抜け穴を塞ごうとするかもしれませんが、海外にコインを保有する暗号資産トレーダーが2021年度に活動報告をする必要があることは、ほぼ不可能と思われます。

ある法律の専門家は、規制のガイドラインがなければ、この国のどの税務機関も国民に資産の申告を強制することはできない、と述べたといいます。この専門家は、このようなガイドラインを「必要不可欠なもの」と呼んでいます。

また、同メディアは、個人所得税申告書(スペインではIRPFと呼ばれる)も暗号資産申告欄が設けられるよう修正されていないことを指摘しました。

しかし、富裕税申告書(IP)は、新しい暗号資産専用フィールドで更新されました。それにもかかわらず、報告書は、この変更が「実質的でもない」と述べ、暗号資産の保有は、以前はこのフォームの「その他の資産」セクションに含める必要があったことを指摘しました。
____
詳しくはこちら: 
Crypto Tax Trends in 2022: Increased Reporting, Updated Rules, and a Wealth Tax Debate
Ukraine Strengthens its Positions by Legalizing Bitcoin & Crypto, Here’s What Changes

Tezos Staking Couple Ramps Up Pressure on US IRS with New Legal Brief
Russia Plans Up To USD 13.3B In Crypto Taxes

Slovenian Finance Ministry Unveils Draft Bill To Tax Crypto Trading
Critics Hit Back at Colombia’s Retrospective Crypto Tax Plans

South Korea’s Next President Might Create Parity for Crypto and Stock Market Traders
Argentinian Finance Minister ‘Wants More Crypto Taxes’