. 1 min read

IDOを成功させたTOMIトークンは順調なスタートを切った

免責事項:以下の文章は、Cryptonews.comが作成したものではないプレスリリースです。

TOMIトークンは、NFTコレクションによるプレセールを開始して以来、投資家から高い関心を寄せられています。このNFTコレクションは、販売後にチームがTOMIトークンの供給を減らすための資金をもたらしました。プレセールに参加した投資家は、過去24時間で56,655%の値上がりを記録しており、プロジェクトの成功を裏付けています。

大成功を収めたTOMI IDO

The Tomi team took an unusual approach to launch its token presale. Instead of doing it in one round, the team opted for three different rounds, each with slightly different pricing dictated by the market. Every TOMI round lasted for 30 minutes, making it a very brief presale window. Trading occurred on the SushiSwap platform on Polygon, as it provides faster transactions and much lower fees.

Initial interest has proven successful, as the TOMI token currently notes 485 holders, per DEXTools. As presale investors scooped up their share of TOMI tokens, it didn’t take long for all three rounds to sell out. Moreover, the team allocated 750 million TOMI to the SushiSwap pool initially. Today, that number sits at 4.922 million, confirming users are happy to acquire the token and pool it immediately for liquidity rewards. The overall daily volume for this pool is over USD 8.4 million, indicating there is a very solid demand for TOMI.

What investors will be mainly interested in is figuring out whether they made the right investors. However, as the TOMI pool on SushiSwap notes 5,539 transactions to date, it is impressive to see the ROI remain at over 54,600%. That is a substantial return on investment and one that will undoubtedly make many contributors happy. It is an overwhelming success, both the TOMI IDO and the subsequent trading of the token itself.

Additionally, the Tomi heroes NFT collection concluded at over 450 Ether in trading volume. All proceeds from those sales has been used by the Tomi team to buy TOMI and burned it forever, reducing the overall supply. The burn transaction occurred through address 0x000000000000000000000000000000000000dead, making it easy for everyone to monitor this process occurs and how many tokens have been destroyed forever.

トーミ・チームは、トークンのプレセールを開始するにあたり、一風変わったアプローチをとりました。1回のプレセールではなく、3回のプレセールを行い、それぞれのプレセールの価格は市場の状況に応じて少しずつ変えていきました。各ラウンドは30分で終了し、非常に短いプレセール期間となりました。取引はPolygon上のSushiSwapプラットフォームで行われました。SushiSwapプラットフォームは、より迅速な取引とより低い手数料が特徴です。

DEXToolsによると、TOMIトークンの保有者数は現在485人となっており、初期投資は成功しています。プレセールの投資家がTOMIトークンのシェアを獲得したため、3つのラウンドが完売するのに時間はかかりませんでした。さらに、チームは当初、SushiSwapのプールに7億5000万TOMIを割り当てました。これは、ユーザーがトークンを取得してすぐにプールし、流動性報酬を得ることに満足していることを示しています。このプールの1日の取引量は840万米ドルを超えており、TOMIに対する需要が非常に高いことを示しています。

投資家の関心事は、自分が正しい投資家になったかどうかを見極めることでしょう。しかし、SushiSwapのTOMIプールでは、現在までに5,539件の取引が行われており、ROIが54,600%以上を維持しているのは印象的です。これはかなりの投資収益率であり、多くの貢献者を満足させるものであることは間違いない。TOMI IDOも、その後のトークン自体の取引も、圧倒的な成功を収めています。

さらに、Tomi heroes NFTのコレクションは、450イーサ以上の取引量で終了しました。これらの販売による収益はすべて、TomiチームがTomiを購入して永遠に燃やし、全体の供給量を減らしています。燃やした取引はアドレス0x00000000000000000000deadを通じて行われたため、このプロセスが発生し、どれだけのトークンが永遠に破壊されたかを誰もが簡単に監視することができます。

流動性に関するお知らせ

最近の発表によると、Tomiチームは、分散型取引所間の流動性の使用方法と分配方法をコミュニティに任せることを決定しました。SushiSwapからの流動性は全てマスターアドレスに投入されました。さらに、流動性プールにあった600ETHはすべてTOMIの購入に使用され、トークンのネイティブ値が増加しました。

集まったTOMIトークンはすべて、コミュニティの成長とエンゲージメントを促進するために使用されます。この開発は、プロジェクトにとって大きな前進を意味します。そして今、チームは、ステークス報酬、エアドロップなどを含む、いくつかのコミュニティ指向の活動を開始するための新しいオプションを模索しています。TOMIの流動性がコミュニティの手に渡ったことで、チームは開発とコミュニティの成長に集中することができるようになります。TOMIは、「人々のための、人々によるプロジェクト」という夢を間もなく実現します。

Tomiの今後の展望

NFTとIDOの成功は、Tomiチームにとって最初のステップに過ぎません。その後は、より広いエコシステムの展開に向けて、多くの開発活動が行われます。TOMIのソリューションは、TOMIホルダーに価値をもたらすだけでなく、DeFiや暗号通貨のエコシステムをより良いものに変えていきます。すべての人に豊かさへの道を提供することは、チームのビジョンにとって極めて重要です。それを実現する唯一の方法は、強固なコミュニティと、そうした行動を促進するために必要なツールを構築することです。

楽しみな最初のプロジェクトは、2021年10月に開始される「TOMISwap」です。ユーザーは、分散型の交換・スワッププラットフォームとして、高い取引スループットと非常に低い手数料で、複数のブロックチェーン間で資産を交換することができます。イーサリアム上に構築されていますが、その目標が実現した後も、高いガス使用量に悩まされることはありません。チームは、すべての取引手数料の上限を金額の0.3%としています。それらの手数料は以下のように分割されます。

66.6%は流動性提供者に支払われます。
16.6%がガバナンス・トークン・ステーカーに支払われる。
8.3%はTOMISwapのユーザープレゼントに使われます。
8.3%はTOMIFundMeに使われます。

そして、このエコシステムの2本目の柱であるTOMIFundMeが登場します。TOMIFundMeは、TOMIホルダーの投票により、ビジネスアイデアの育成を支援する。TOMIFundMeでは、TOMIホルダーの投票によってビジネスアイデアが生まれ、TOMISwapが8.3%の手数料を負担することで、資金援助を受けることができます。このように、次世代のブロックチェーンプロジェクトやサービスの開発を、TOMIをお持ちの方ならどなたでもご覧いただけます。

10月はTOMIにとって忙しい月となるでしょう。TOMISwapの開始はロードマップのほんの一面に過ぎません。また、TOMIトークンを保有するユーザーに新たなインセンティブを与えるTOMI stakingの導入も予定されています。TomiFundMeは2022年第1四半期にリリースされ、続いてTomiのネイティブブロックチェーンが2022年第3四半期にリリースされる予定です。

詳細については、TOMIのウェブサイト https://www.tomitoken.org/main.html


おすすめ