06 10月 2021 · 0 min read

ブケレのビットコインマイニングテストは「悪いビジネス」だと学者が指摘

Source: Twitter/@nayibbukele

サルバドル有数の工学系学者が、火山発電によるビットコイン(BTC)の採掘は国の経済を破滅させる可能性があると主張し、わずか269米ドルのBTCを採掘するために、政府は4,672米ドル相当の公的資金を費やしたと述べたという。

El Diario de Hoyによると、エルサルバドル大学(UES)の電気工学教授であるCarlos Martínez氏は、これまでの4日間の採掘で、国は合計でBTC 0.00599179(当時は269米ドル)の採掘に成功したと主張した。さらに同教授は、エネルギー価格が1キロワット時あたり0.13米ドルで、政府が100台のminer 3.74kW WhatsMiner M31Sマイニングリグを使用していた場合、国は1,168米ドルのコストを支払っていたと付け加えた。「これは間違いなく悪いビジネスです」とマルティネスは結論づけた。

同教授は、金曜日に政府が発表したデータに基づいて計算した。

しかし、ナイブ・ブケレ大統領は、政府は新しいシステムを「まだテストしてインストールしている」と述べ、この数字に注意を促した。

ブケレは、火山エネルギーの「まだテストとインストールの段階だが、これが正式に最初のビットコイン・マイニングだ」と述べている。

他にも懐疑的な意見が続いています。同メディアは、エネルギー業界の関係者が「LaGeo(国有地熱発電会社)の現在の設備では、ビットコインのマイニングセンターを収容する能力がないことに同意している」と報じ、BTCのマイニングには、同社が "ボルカノード "で生産できる以上のエネルギーが必要だと主張している。

マルティネスは、国が「電力需要を満たす設備容量を持っていない」ことに同意し、もし十分なエネルギーがマイニングセンターに割り当てられれば、"一般のサルバドール人の電気料金を引き上げることになる "と警告しています。

ブケレ大統領の統治とBTC採用政策に反対している同メディアは、大統領がまだ "採掘プロジェクトのために取得した機器のコストを詳細に説明していない "と指摘。また、現場で使用されているエネルギーの量や、施設の建設費、採掘プロジェクトに関わる政府職員の数なども正確に明らかにしていないと指摘しています。

先週、著名なNGOである経済社会開発財団(Fusades)は、エルサルバドルでビットコインを大規模に採掘すると、"エネルギーの不足と価格の上昇を引き起こす "と述べました。

Fusadesの経済研究部門のディレクターであるÁlvaro Trigueros氏は、"volcanode "でのマイニングはおそらく限定的なものであり、"大規模 "に成長することは望めないと述べ、政府は激しいマイニングの取り組みが "国の電力市場に問題を発生させる "ことを十分に認識していると引用しています。

それにもかかわらず、Redditでは多くの海外の投稿者が比較的熱心に反応しており、ある投稿者は、これが「採掘を強化してある程度の規模を得るための成長痛」であることを期待していると書いています。

また、"ハッシュレートを構築し、物事を円滑に進めるには時間がかかる "として、このレポートを「単なるクリックベイト」と書いた人もいました。

一方、ブケレ氏は、国が発行したアプリ「Chivo」の成功を誇らしげに宣言している。

しかし、左派の主要メディアは、政府が「Chivo」導入のために法律を無視していると主張し続けた。

La Prensa Gráfica紙は、ソンソナテ市の国会事務所で、国会議員がChivoアプリの使用方法について説明を受け、トレーニングを受けたことを報じました。同メディアとARENA党の野党議員は、これは政府施設の不適切な使用であり、倫理規定に違反していると主張しました。
____
もっと詳しく: 
- ラテンアメリカ、カリブ海地域では数千の火山を利用してビットコインを採掘できる可能性がある
- ブケレ社が火山を利用したビットコイン採掘センターを発表、取引所も到着

- 機関投資家が主流だったビットコインマイニングが家庭でも可能に
- ビットコイン・マイニングは国のエネルギー生産にどのように役立つか