3AC 創設者の豪華な別荘、妻によって都市農場に転用される

3ac

画像引用先:Pexels

Three Arrow Capital(3AC)の創設者であるSu Zhu氏の豪華なシンガポールの自宅は、地元報道によると、彼の妻、Evelyn Tao氏によって居住スペースから都市農場へと転用されました。

シンガポールのThe Business Timesによって共有された、Yarwood Avenueに位置するこの別荘は現在「Yarwood Homestead」と呼ばれています。

この農地では、様々な野菜、ハーブ、果物、魚、鶏、アヒル、およびその他の農産物を栽培しているとのことです。

この壮大な家は元々2022年3月に4880万シンガポールドル(SGD)または約3560万米ドルで購入されました。

また、この高額な物件はGood Class Bungalow(GCB)と呼ばれるもので、プライベートダイニングイベントや組織されたガイドツアーのためにリースするお金持ちのクライアントにもサービスを提供しています。

さらに、Tao氏が共同創設し、Chief Science Officer(CSO)として勤務している会社「Abundant Cities」の研究開発本部としても機能しています。

Tao氏がSarah Lewis氏、同社のCEO兼共同創設者と力を合わせる前には、シンガポール科学技術研究庁の指導の下で運営されているTemasek Life Sciences LaboratoryおよびInstitute of Medical Biologyで働いていました。

Abundant Cities Singaporeは、都市住民が自宅で再生可能で栄養豊かな庭にアクセスできるよう支える、包括的な科学研究企業として自己を宣伝しています。

同社はシンガポールを拠点としており、研究パートナーとしてアウトドア探検、食事とダイニング、再生農業を有しています。

しかし、TerraプロトコルのUSTステーブルコインのペッグ解除とそれに続く崩壊を受けて数ヶ月後に暗号市場が大暴落したため、それを永久の家にするというアイデアはつかの間のものでした。

3ACは、そのブロックチェーンネットワークへの大規模な露出のために深刻な影響を受けました。

その崩壊を受けて、会社は信用債務をデフォルトし、破産手続き中に公表された裁判所文書によれば、数個のエンティティに35億ドルもの巨額の借金を抱えることに。

その後、Zhu氏はシンガポールの別荘を売却しようと試みましたが、買い手を見つけることはできませんでした。

Su Zhu氏、逮捕からほぼ1年経つも依然として収監中


彼の暗号ヘッジファンドの崩壊の後、Su Zhu氏は多くの地域で逃亡者として扱われました。

そして、ほぼ1年後の9月29日、彼はアジア諸国を出ようとしてシンガポールのチャンギ空港でついに逮捕されました。

この逮捕は、3ACの破産手続き中に彼が欠席していたことに対する収監命令に基づいて執行。

清算調査中に彼が協力を拒否し、欠席していたため、彼と共同創設者のKyle Livingston Davies氏は共に欠席判決で4ヶ月の懲役刑を言い渡されました。

彼が現在刑を服している一方で、Davies氏は依然として当局を逃れており、彼の行方は依然として公表されていません。

両者は、シンガポール金融庁(MAS)から、シンガポール国内で規制された投資活動を9年間行わないよう命じられる制裁を受けました。

一方で、Terraブロックチェーンの創設者であるDo Kwon氏が逮捕され、漏洩したチャットで偽の取引量を掲示したと告白しています。