13 5月 2021 · 0 min read

QANplatform、Uniswap上場を発表、210万米ドルの資金調達を実施

免責事項:「Industry Talk」セクションは、暗号業界のプレイヤーによる見識を紹介するものであり、Cryptonews.comの編集内容の一部ではありません。

QAN

量子耐性のあるエネルギー効率の高いプラットフォームを構築するブロックチェーンプロジェクト「QANplatform」は、著名な投資家の参加により210万米ドルのベンチャー資金調達ラウンドに成功したことを発表しました。

このプライベート・ファイナンス・ラウンドは、Fairum Ventures、DeltaHub Capital、Insignius Capital、BlackDragonが主導したもので、評価額は公表していないとのことです。

今回の6桁台の投資は、今日の暗号通貨のエコシステムにおける興奮に後押しされた、一連のベンチャーキャピタル取引の中でも最新のものです。この業界が徐々に主流の採用サイクルに移行しつつある中、QANplatform社は、より大きなユースケースをもってこの領域に進出している革新的なプロジェクトの一つでした。

今回の資金調達に参加した投資家は、プレスリリースの中で、ゲームチェンジャーとしての資質を認識し、資本提供を通じてQANplatformの差し迫った革新の一端を担うことを求めていると述べています。

"今回の投資ラウンドで貢献し、QANplatform社の将来の成長をサポートできることを嬉しく思います。量子耐性のあるサイバーセキュリティだけでなく、PoR(Proof-of-Randomness)コンセンサスアルゴリズム、迅速なクラウドプラットフォームの展開、あるいは今後予定されている多言語のスマートコントラクト開発機能など、QANの他のIPにも多くの可能性を感じています」と、BlackDragonのパートナーであるMax Mucko氏は述べています。

量子耐性を持つハイブリッド・ブロックチェーン・プラットフォームは、今回の資金調達を利用して拡張を加速し、プレミアム機能を立ち上げる予定です。具体的には、製品開発、マーケティング、取引所での流動性提供という3つの重要な戦略分野に新たな資金を投入します。

5月21日にUniswapにトークンを上場

QANplatformは、デジタル資産のブームを利用して「ソブリン・ブロックチェーン」を構築し、多くのユーザーに提供しようとしている新興の暗号ベンチャー企業の一つです。この会社は、ブロックチェーン業界を量子コンピュータの攻撃から守ることを目的とした、独自のビジネス分野を選択しました。

QANplatform社は、そのプラットフォームを通じて、開発者がブロックチェーンや暗号の専門知識を持っていなくても、DAppsやDefiプロジェクトを構築し、ビジネスプロセスを実行することが可能であると述べています。QANのプライベートブロックチェーンコードは無料でオープンソースであり、ユーザーは主要なプログラミング言語でスマートコントラクトを開発することができます。

また、同プラットフォームのユーザーは、Chainlinkとの統合により、QAN開発者がQANブロックチェーンプラットフォームの外部リソースを使用する、より複雑なスマートコントラクトデザインを作成できるというメリットもあります。

QANplatformの5Gフレンドリーなブロックチェーンプラットフォームは、様々な点でEthereumの限界を回避しています。量子コンピューターによる攻撃からデータ取引を保護するだけでなく、環境に優しい方法でエネルギー消費を大幅に削減します。

QANplatform社は、今回の資金調達に加えて、5月21日にネイティブ・トークンをUniswap取引所に上場することを発表しました。

Uniswapは現在、主要な分散型取引所(DEX)の一つとして位置づけられています。QANplatformは、オンチェーンでの流動性プールシステムを備えていることから、今回の上場により、QANの格子ベースの暗号技術が業界に提供する価値提案の認知度を高めることができると期待しています。

johann polecsak

QANplatform社の共同創業者兼CTOであるJohann Polecsak氏は、今回の資金調達について次のように述べています。"我々の重要な使命は、開発者の参入障壁を下げ、スタートアップや企業が概念実証(PoC)やMVP(Minimum Viable Product)を可能な限り早く構築し、大量採用につなげることです。我々はこの考えを貫き、コミュニティ主導のVCのみがこの戦略的プールに投資するようにしています。"