07 6月 2021 · 0 min read

FTX、2億1,000万米ドルのEスポーツ、オリンピックのNFTなどの案件を獲得

Cryptoassetとブロックチェーン関連のニュースを毎日、一口サイズでお届けします - 今日の暗号ニュースのレーダーの下で飛んでいるストーリーを調査します。
_____

FTXのCEO、Sam Bankman-Fried氏。出典:こちら動画のスクリーンショット、Youtube/FTX Official

取引所ニュース

  • ニューヨーク・タイムズ紙は、米国で最も価値のあるeスポーツ企業の1つであるTSMが、社名をTSM FTXに変更し、その過程で10年間で2億1,000万米ドルの報酬を得ると報じサム・バンクマン・フリード氏が率いる人気の暗号デリバティブ取引所FTXがその費用を負担すると付け加えました。
    年間2,100万米ドルの支払いは、ここ数十年の間に企業が伝統的なスポーツチームとの間で行ってきた、スタジアムやアリーナに名前を付ける契約よりも大きいとのことです。

NFTs news

  • 国際オリンピック委員会(IOC)は、2021年6月17日に、オリンピックをテーマにした新しいシリーズのノンファンジブル・トークン(NFT)を開始すると発表しました。このNFTは、真正性、希少性、出所など、物理的なコレクターズアイテムと同様の特徴を持つオリンピックピンを表すもので、テックプラットフォーム「nWay」で販売されますが、今年後半に開始される無料プレイのオンラインゲームでも入手可能です。

経済ニュース

  • ロイター通信によると、米国では非農業部門の雇用者数が55万9千人増加しました。失業率は4月の6.1%から5.8%に低下しました。

規制に関するニュース

  • ブルームバーグによると、インドの中央銀行は、暗号通貨に対する意見を変えず、この資産クラスに関して「大きな懸念」があると述べています。これは、同銀行が、暗号通貨取引に警告を発した2018年の回覧文書はもはや有効ではなく、引用すべきではないと発表した数日後のことです。
  • The Guardianによると英国金融行動庁(FCA)のマネーロンダリング防止規則に準拠していないため、50社ほどのクリプトアセット企業が閉鎖を余儀なくされる可能性があるという。これらの会社は、FCAがサービスを監査する間、事業を継続する一時的な許可制度の申請を取り下げており、FCAはその期限を2022年第1四半期末まで延長している。

投資ニュース

  • 金融サービスプラットフォームのUnchained Capitalは、金融サービス企業のNYDIGとその親会社であるStone Ridge Holdings Groupが主導するシリーズA資金調達ラウンドで2500万米ドルを調達したと発表した。NYDIGは現在、Unchainedに対して総額1億5000万米ドルの出資を行っており、この資金はUnchainedのビットコイン(BTC)を裏付けとしたマルチシグ・レンディング・プラットフォームの開発に使用されます。
  • 機関投資家は、デジタルアセットプラットフォームのAnchorage Digitalと商業銀行のBankProvとの提携により、イーサリアム(ETH)を裏付けとした米ドル建て融資にアクセスできるようになります。これは、ETHを保有するクリプトネイティブファンドが資本を必要とする場合、保有資産を清算することなく米ドル建て融資を受けられることを意味するとのことです

マイニングニュース

  • データ管理ソリューション企業のSphere 3Dは、ビットコインマイニング企業のGryphon Digital Miningと合併し、Gryphonの目標である100%再生可能エネルギーの使用を促進すると発表しました。この合併は2021年第3四半期に完了する予定です。Sphere 3DはGryphonの株主に1億1,100万株の普通株を発行し、Sphere 3Dの株主は同社の約23%を、Gryphonの株主は残りを所有することになる。

キャリアニュース

  • 暗号企業のBlockchain.comは、本社をニューヨークからマイアミに移転したと発表しました。この移転により、この地域の人材プールを活用し、今年末までに100名のフルタイム従業員を雇用し、2022年にはさらに200名を雇用する予定です。また、南フロリダのSTEM(科学、技術、工学、数学)コミュニティに教育プログラムを追加するとのことです。