22 4月 2021 · 0 min read

コインベースの上場廃止、IOTAのアップグレード、マネープリンティングが激化へ+αのニュース

Cryptoassetとブロックチェーン関連のニュースを毎日、一口サイズでお届けします - 今日の暗号ニュースのレーダーの下で飛んでいるストーリーを調査します。

出典: Adobe/Thomas Dutour

取引所ニュース

  • ロイターが報じたところによると、ドイツ・ボースは、コインベース(COIN)の株式を金曜日の取引セッション終了までにXetra取引システムとフランクフルト証券取引所から上場廃止にすると発表しました。"ドイツ・ボースは、「上場廃止の理由は、これらの株式の参照データが不足しているため」と述べ、上場廃止は追って通知があるまで適用されると付け加えた。
  • ブルームバーグが伝えたところによると、トルコの暗号取引所であるThodexは、不特定多数の人との取引を理由に水曜日に突然取引を停止し、デジタル資産にアクセスできないユーザーからの苦情が殺到した。株式譲渡が完了するまでの約5営業日の間、サービスは停止したままとなるが、ユーザーは投資について心配する必要はないと取引所は述べている。
  • ジェミニによると、保管されている暗号通貨の総額は250億米ドルを超え、今年に入ってから2倍以上に増えているという

ブロックチェーンとDLTのニュース

  • IOTA Foundationは、本日、重要なアップグレード「Chrysalis」を完了すると発表しました。このアップグレードは、IOTA(MIOTA)を実験段階から脱却させ、ウォレット、ライブラリ、ソフトウェアの実装、セキュリティプロトコルなど、IOTAのすべての側面に触れながら、実際のユースケースに開かれたエンタープライズ対応のエコシステムへと移行させるもので、2021年末に予定されているCoordicide(コーディサイド)アップグレードのための基礎を築くものです。クリサリスのローンチは4月28日に行われますが、その前に4月21日から1週間のトークン移行期間が設けられます。
  • ルイ・ヴィトンの親会社であるLVMHプラダリシュモン傘下のカルティエというラグジュアリー企業3社は、プレスリリースで "世界初のグローバル・ラグジュアリー・ブロックチェーン "と表現されている「オーラ・ブロックチェーン・コンソーシアム」を明らかにしました。これは、真正性、責任ある調達に関する情報の伝達という競合他社に共通する課題を解決するものです。Auraは、創業者だけでなく、すべてのラグジュアリーブランドに開かれているという。

経済ニュース

  • 米国のホワイトハウスは、育児や家族介護などのいわゆるヒューマンインフラに対応するため、1兆米ドルに達する可能性のある別の大規模な支出案を準備しているとThe Hillが報じました。ジョー・バイデン米大統領は、4月28日に行われる議会での共同演説の前に、「アメリカン・ファミリーズ・プラン」案の概要を説明すると見られているが、ホワイトハウスはこの案の詳細をまだ発表していない。

投資関連ニュース

  • 企業向けに対応するブロックチェーン・ソフトウェア開発企業のデジタル・アセット・ホールディングスは、7RIDGEEldridgeからシリーズD資金として1億2000万米ドル以上を調達したと発表しました。同社は今回の資金調達を利用して、今年も引き続きグローバルにチームを50%拡大するとともに、新たな相互運用プロトコルで製品ポートフォリオを強化していくとしている。
  • アーク・インベストメント・マネジメントは火曜日、コインベースの23万6,348株(約7,580万米ドル相当)を追加購入したとマーケットインサイダーが報じた。コインベースの株式は火曜日に3.66%低い320.82米ドルで終了し、同取引所の時価総額は639.1億米ドルとなった。
  • Coindeskは、Michael Novogratz氏が経営する暗号に特化した金融サービス会社Galaxy Digitalが、米国で規制されている暗号カストディ会社BitGoを買収するための話し合いを進めていると、事情に詳しい非公開の関係者を引用して報じた。この取引の詳細は現段階では不明だが、ギャラクシーと並んで伝統的な金融会社も関与する可能性があると付け加えている。

マイニング関連ニュース

  • ビットコイン(BTC)マイニング機器メーカーである中国のCanaanは、次世代ASIC「A1246」を搭載した「AvalonMiners」1万1760台を、デジタルインフラプロバイダーである米国上場のMawson Infrastructure Group Inc.に供給する。2021年を通じて、カナンのASICビットコインマイナーはモーソン社のマイニング施設に出荷・設置され、既存のビットコインマイニング事業に1.05EHが追加されることになる、とメールで発表されました。
     

採用に関するニュース

  • BitGoは、Crime/Excess Specie保険の総容量が7億米ドルを突破したと発表した。昨年、同社は、BitGoの1億米ドルの「全顧客向け」犯罪/スペイシー保険を上回る独自の専用超過限度額を、事前に合意した料金で購入できる機能を提供しました。"機関投資家からの強い要望により、BitGoの顧客専用超過スペイ保険は6億米ドル以上拡大し、現在までに締結された最大のコールドストレージ・スペイプログラムとなっています。

DeFiニュース

  • 分散型融資プロトコルであるCream Finance(CREAM)は、分散型金融(DeFi)プラットフォームであるImmunefiArmorDeFiSafetyと協力して、自社のプロトコルとより広いDeFiエコシステムに強力なセキュリティをもたらすために、新しいセキュリティキャンペーンを発表しました。このセキュリティキャンペーンは、今週、Immunefiと共同で、Creamのプロトコル、API、ウェブサイトのセキュリティ強化に焦点を当てた150万米ドルのバグバウンティプログラムを開始することから始まります。
  • Acala FoundationPolkadot(DOT)のカナリアネットワークであるKusamaのために構築したDeFiパラケインであるKaruraは、Chainlink(LINK)の価格フィードを統合し、Karuraのスマートコントラクト開発者に金融市場のデータを直接オンチェーンで提供しています。開発者はそのデータを利用して、デリバティブ、レンディング、スタブコイン、資産管理など数多くのユースケースでDeFiアプリケーションや製品の構築を始めることができるという。AcalaはPolkadotの「オールインワンのDeFiハブ」である。

キャリアニュース

  • Stephen Bearparkは、Bitstamp取引所の新しい最高財務責任者として入社しました。"StephenはAmazonから入社し、過去3年間、ファイナンス・ディレクターの役割を担っていました