07 6月 2021 · 0 min read

BTSE、NFT Marketplaceのホワイトラベルソリューションでデジタルアートの世界を開く

免責事項:「Industry Talk」セクションは、暗号業界のプレイヤーによる見識を紹介するものであり、Cryptonews.comの編集内容の一部ではありません

BTSE

世界中を席巻しているNFTブームは衰えることを知りませんが、このたび、大手デジタル取引所のひとつであるBTSE社が、独自のNFTマーケットプレイスの運営を希望する人や企業向けに、ホワイトレーベル・ソリューションとしてNFTマーケットプレイスを提供することになりました。

BTSE社は、英領ヴァージン諸島を拠点とするデジタル取引所で、デジタル通貨と伝統的な通貨の両方を含む多通貨をサポートし、デリバティブとスポットの取引を提供しており、その優れた技術で知られています。BTSE社は現在、デジタル取引所のホワイトレーベルを提供しており、膨大な種類のペアや資産のOTC取引に加えて、デジタル通貨の分野で活躍したい人のための資産管理サービスも提供しています。

アーティスト、コレクター、オークションハウスなど、自分の作品やコレクションをブロックチェーン上で流通しないトークンとして提供したいと考えている方々にとって、今回の提供は喜ばしいニュースです。

これは何を意味するのでしょうか?

伝統的なアート作品と同様に、デジタルアート作品もまた、流通しないものです。これは、ビットコインのように価値を損なうことなく交換できるトークンとは異なり、それぞれの作品が絶対的にユニークでコレクション性が高いことを意味しています。

NFTは、リンジー・ローハンがカムバック・シングルをNFTでリリースしたり、NFLのロブ・グロンコウスキーが自身のプライベート・コレクションをデジタルで発表したりするなど、セレブリティの注目を集めています。

崇高なものから極端なものまで

NFTが注目されるようになったのは、Twitter社の創業者であるジャック・ドーシーが、自身の初めてのツイートをオークションにかけ、290万米ドル(210万英ポンド)で落札したことがきっかけでした。このツイートは2006年に公開されたもので、「just setting up my twttr」と書かれていましたが、その収益は直接チャリティに寄付されました。続いて、バンクシーのNFTアート作品が放送中に燃やされ、大きな注目を集めました。

BTSEは、著名な現代アートギャラリーであるUnit Londonと提携し、デジタルエクスチェンジとアートハウスの間で、世界初のNFTマーケットプレイスを立ち上げました。

BTSEが提供するホワイトレーベルのNFTソリューションは、ユーザーがアート作品をフィアット通貨や暗号通貨で売買できるようにするもので、暗号に詳しい人だけでなく、より幅広い層にとって魅力的なサービスとなっています。マーケットプレイスは、BTSEの安心・安全なウォレットと直接接続されるため、ユーザーはわざわざ外部のウォレットを開く必要がありません。

また、他のクリエイターもBTSEの技術を自社のNFTマーケットプレイスに導入することに興味を示しており、NFTの世界をより多くの人に開放していく動きとなっています。