31 5月 2021 · 2 min read

米国の別の規制当局が、各省庁が手を携えて暗号の規制を行うことを希望

ジョー・バイデン政権には、ビットコイン(BTC)やその他の暗号資産に不信感を抱く規制当局が多いようだ。米国の規制当局が、省庁間の協力体制を構築することで、暗号産業の「抑制」を目指しているという新たなシグナルが出ているからだ。

出典: Adobe/freshidea

US financial authorities have set their eyes on the crypto market and are gearing up to regulate it more actively, given the increasing concern that a lack of proper oversight risks harming savers and investors. However, this may take time, as the country's regulators are yet to figure out who has the legal authority to oversee this market, per the Financial Times (FT).

Michael Hsu, the newly appointed Acting Comptroller of the Currency, wants the US officials to work together to set a "regulatory perimeter" for cryptoassets.

"It really comes down to coordinating across the agencies. [...] Just in talking to some of my peers, there is interest in co-ordinating a lot more of these things," Hsu told the FT.

Janet Yellen, the Treasury secretary - who said that bitcoin is "a high-risk, speculative investment" - already suggested there'd be a change in approach to crypto with the appointment of Hsu at this position.

Another sign that the US is readying for a new approach was the first meeting held earlier in May of "an inter-agency sprint team," focused on crypto regulation. Three major federal bank regulators were involved: Office of the Comptroller of the Currency (OCC), the Federal Reserve, and the Federal Deposit Insurance Corporation.

According to Hsu, the goal of this team was to "put some ideas in front of the agencies to consider" as they try to catch up with the growth in crypto, but not to make policies.

"It's small and it's senior," he was quoted as saying. "The idea is that time is of the essence and if it's too big that gets harder."

This meeting followed Hsu's announcement of a staff review of specific actions by those previously in charge of the OCC, including those actions related to cryptoassets, as well as a decision to give national trust charters to companies that provide custody services for cryptoassets.

For Hsu, the blockchain technology is likely here to stay, but while different platforms are creating innovative and "promising" payment processing tools, these are also risky, potentially leading to a large shadow banking system. The enthusiasm surrounding the banking innovation is to him reminiscent of the financial crisis, per the FT.

As a reminder, Hsu took over the OCC from Blake Paulson, who had stepped into the role after the January step-down by Brian Brooks - a former executive at crypto exchange Coinbase and current Chief Executive Officer at Binance.US. Brooks was therefore crypto-friendly and had made major strides towards its adoption in the eight months he had spent as the comptroller.

But Yellen, Hsu, and their stances towards crypto are not the only changes in the regime that may signal tightening the regulatory belt around crypto.

As reported, last week Gary Gensler, Chairman of the US Securities and Exchange Commission (SEC) sworn into office last April, told US lawmakers that he wanted to work with other regulatory agencies and the Congress to "fill in the gaps of investor protection in these crypto markets."

He further argued that, as no crypto exchange has to date registered as an exchange with the SEC, the regulation has resulted in "substantially less investor protection" than in the traditional securities markets, as well as to "correspondingly greater opportunities for fraud and manipulation.”

米国の金融当局は、暗号市場に目をつけ、より積極的に規制しようと準備を進めています。これは、適切な監督が行われていないことで、貯蓄者や投資家に損害を与えるリスクがあるという懸念が高まっているためです。しかし、Financial Times(FT)によると、この市場を監督する法的権限を誰が持っているのか、同国の規制当局はまだ把握していないため、時間がかかる可能性があります。

新たに任命された通貨監督官代理のマイケル・シューは、米国の当局者が協力して、クリプトアセットの「規制の境界線」を設定することを望んでいます。

"それには、各機関の間での調整が欠かせません。中略)何人かの同僚と話をしただけでも、このようなことをもっと調整することに興味を持っています”とシューはFTに語っています

ジャネット・イエレン財務長官は、ビットコインは「リスクの高い投機的な投資」であると述べていましたが、シューがこの役職に任命されたことで、暗号に対するアプローチに変化があることをすでに示唆しています。

米国が新たなアプローチを準備していることを示すもうひとつの兆候は、5月初めに開催された、暗号規制に特化した「省庁間スプリントチーム」の初会合でした。3つの主要な連邦銀行規制当局が参加しました。通貨監督庁(OCC)、連邦準備制度理事会(FRB)、連邦預金保険公社(DEPC)です。

Hsuによると、このチームの目的は、暗号の成長に追いつこうとしている各機関に「検討すべきアイデアを提示する」ことであり、政策を作ることではありませんでした。

"このチームの目的は、暗号の成長に追いつくために、各省庁が検討できるようにアイデアを提供することです。"考え方としては、時間が最も重要であり、大きすぎるとそれが難しくなるということです」。

今回の会議は、Hsu氏が、以前OCCを担当していた者が行ったクリプトアセットに関連する行動を含む特定の行動をスタッフが見直すことを発表した後に行われたもので、クリプトアセットのカストディサービスを提供する企業にナショナルトラストの資格を与えるという決定も行われました。

Hsu氏は、ブロックチェーン技術は今後も継続すると思われますが、さまざまなプラットフォームが革新的で「有望な」決済処理ツールを生み出している一方で、これらはリスクもあり、大規模なシャドーバンキングシステムにつながる可能性があると述べています。銀行の革新をめぐる熱狂は、金融危機を彷彿とさせるとFTは述べています。

思い起こせば、スーはブレイク・ポールソンからOCCを引き継いだが、彼は1月にブライアン・ブルックス(暗号化取引所Coinbaseの元幹部で、現在はBinance.USの最高経営責任者)が退任した後、その役割に就いていた。そのため、ブルックスは暗号に優しく、会計検査官として過ごした8ヵ月間で暗号の採用に向けて大きく前進していました。

しかし、イエレン氏、シュー氏、そして彼らのクリプトに対するスタンスは、クリプトに対する規制の強化を示唆するかもしれない体制の変化だけではありません。

既報の通り、先週、昨年4月に就任した米国証券取引委員会(SEC)のゲーリー・ゲンスラー委員長は、他の規制機関や議会と協力して "これらの暗号市場における投資家保護のギャップを埋めたい "と米国の議員に語った。

さらに同氏は、現在までにどの暗号取引所もSECに取引所として登録していないため、この規制により、従来の証券市場に比べて「投資家保護が大幅に低下」しており、「それに伴い、詐欺や操作の機会も増加」していると主張しました。
____
もっと詳しく: 
- Paxos、Protego、Anchorageが米国で「規制の乱れ」に直面
- クリプトに進出する元規制当局。韓国 vs 米国

- 暗号を合法化せよ」ウクライナのサイバー犯罪の責任者に要請
- 規制による取り締まりの可能性がある中、グリーン投資がビットコイン・マイナーを支援

- 専門家、ステーブルコインの前に取り締まり強化を警告
- FATFは小規模な暗号プラットフォームを大企業の格好の餌食にする