ビットコインと従来の通貨の違い

ビットコインと伝統的なお金(法定通貨)の関係は複雑です。ビットコインが普及することは法定通貨の影響力を弱めることを意味するので、ビットコインVS法定通貨の関係は...

Difference Between Bitcoin and Traditional Currencies

ビットコインと伝統的なお金(法定通貨)の関係は複雑です。ビットコインが普及することは法定通貨の影響力を弱めることを意味するので、ビットコインVS法定通貨の関係は自然な対立となっています。この記事では、この2つの主な違いを概説します。


お金の特徴

人類の歴史の中で、お金は多くの形をとってきました。物々交換、岩や貝殻のような物理的なもの、貴金属、紙幣、紙幣、デジタルマネー、そして最終的にはビットコインのような分散型デジタル通貨がありました。

時が経つにつれ、人々はお金が持つべき最も望ましい特徴に気付きました。通貨が便利なものとして機能するには、次のような特性を持つ必要があります。

  • 分割可能:小さな金額の支払いやマイクロペイメントのような特定の用途のために、より小さく分割できること。
  • 非消費:価値の交換(つまり、お金の本来の機能)以外の目的で消費することができないこと。
  • ポータブル:簡単に持ち運べること。
  • 耐久:時間の経過や、特定の条件下で消耗したり、価値が下がったりしないこと。
  • 安全:偽造できないこと。
  • 簡単:簡単に譲渡できること。
  • 希少:無限に増やせないこと。
  • 可換:どれも同じ価値があること。(1ドル札はどの1ドル札も同じ価値)
  • 普及:取引の手段として普及していること。

ここでは、金、不換紙幣、ビットコインをこれらの特徴に照らし合わせて比較してみましょう。

difference between bitcoin and traditional currencies

ビットコインが従来の通貨と大きく異なる点は、ビットコインが分散化されているため、誰にもコントロールされないという点にあります。このことからビットコインは、誰の思惑にも左右されない独立したP2Pの貨幣システムだと言えます。すべての取引はネットワーク参加者の総合的な計算能力よって承認されますが、参加者の計算能力はみな同等であり、誰も他の参加者よりも重要な人はいません。さらに、銀行と比べてかかる手数料が小さく、取引時間も自由なため、システムの利用コストを削減することができます。

誰もあなたのお金や、あなたが送受信する取引に影響を及ぼすことはできません。

対照的に、法定通貨は、中央銀行、商業銀行、政府、VISAやMastercardなどの決済処理業者、その他の仲介業者などの中央集権的な組織に依存しています。これらの組織はいずれも、取引を承認するかどうか、特定の人や組織にお金を送ることができるかどうか、使用しているお金が合法かどうかを判断する権限を持っています。あなたがあなたのお金で行う取引なのに、綿密に監視され、履歴も共有されます。

その他の大きな違いは、法定通貨とは異なり、ビットコインには主権者がいないということです。ビットコインを支えているものは何もなく、その価値はどんな政治的・経済的状況にも振り回されず、国家や中央銀行といった従来のシステムの外で独立して存在しています。

最後に、ビットコインは常に新しいプログラムを追加する可能性があります。将来的には、ビットコインの取引をスマートコントラクトや、その他のプログラムと連動させられることを意味します。この機能により、評判管理システムや保険契約などのソリューションを、ビットコインのシステムを利用して構築することが可能になります。このシステム上で行う契約に対して、第三者の介入を受けることもありません。


ビットコインの価値には何の裏付けもないのか?

ビットコインがドルとどう違うのかと聞くと、多くの人は、ビットコインには価値の裏付けが何もないことだと答えるでしょう。これは全くの間違いです。ビットコインは確かに何も物理的な裏付けを持っていませんが、それはドルも同じなのですから。歴史的に言えば、1971年まではほとんどの通貨はコモディティ(通常は金や銀)に支えられていました。しかし、現在はそうではありません。また、すべてのビットコインは、それを採掘している間に使用される電気の量によってカバーされているという議論もあり、これも検討するに値する価値が十分にあります。

あらゆる点で法定通貨とビットコインは異なります。

  • ビットコインには主権者となる中央機関がありません。
  • ビットコインは、総量が決まっているためデフレしていきます。中央銀行によりいつでも増刷される可能性がある法定通貨との大きな違いです。
  • ビットコインでのすべての取引は永遠に不変の公の台帳に記録されています。
  • ビットコインの取引では、手数料を採掘者に支払う必要があり、これは政府に税金を支払うのと似ています。ブロックチェーン上では手数料を支払わずに送金を完了することは不可能ですが、税金は脱税される可能性があるので、その点はちょっと違いますね。
  • ビットコインでの取引はインターネット上で行われ、公開されたアドレスを含むが、現金での取引は匿名で痕跡が残らない。
  • ビットコインを、お金の進化の次のステップと呼ぶ人が大勢います。これまで存在したお金とは全く違う特性を持つので、その概念に疑問を持ち、法定通貨と比べようとするのは当然のことかもしれません。

ビットコインと従来のお金の間の主要な違い、うまく伝えられたでしょうか?
この記事が気に入ったら、お友達と共有してみてください。