14 9月 2021 · 0 min read

IOSTは、NFTとブロックチェーンゲームの成長を促進するために、Rising Play2Earn Project Zodiumと提携します。

免責事項:以下の文章は、Cryptonews.comが作成したものではないプレスリリースです。

2021年9月14日、超高速・分散型の主要ブロックチェーンネットワークであるIOSTは、新興のPlay2Earn Project- Zodiumとの新たなパートナーシップを発表し、NFTとブロックチェーンのゲーム分野をIOSTのエコシステムにさらに拡大します。

IOSTにおけるNFTの拡大が続く

2021年第3四半期、IOSTコミュニティは、そのNFTエコシステムにおいて説得力のある成長を目の当たりにしました。

7月には、IOSTが提供するグローバルなNFTマーケットプレイス「Revival」の最初のマイルストーンがヒットしました。アーティストのために構築されたRevivalは、開始から1週間で100万米ドルの取引量を記録し、大ヒットを記録しました。

NFTマーケットプレイス「Revival」は、世界のアーティストの数を増やし続けており、毎週のように新しいコラボレーションが行われています。さらに、グローバルIPとの大規模なコラボレーションも近日中に発表される予定です。

2021年8月、Revival NFTに加えて、IOSTのNFTエコシステムの成長を煽るもう一つの名前がRIZIN FIGHTING FEDERATIONです。日本の総合格闘技連盟は、年内にIOST上でNFTマーケットプレイスを立ち上げることを決定しており、爆発的に成長しているIOSTのエコシステムにスポーツNFTをもたらします。

IOSTにおけるNFTの台頭は、目を見張るものがあります。そして、Zodiumのような新興のPlay-2-Earn(P2E)プロジェクトを加えることは、IOSTエコシステムにとって正しい判断に他なりません。

IOSTとZodiumのパートナーシップ-コンテンツIP業界をブロックチェーンで強化する

ZodiumとIOSTは、ブロックチェーン分野でコンテンツIP産業を確立するという相互の長期的な目標に基づき、NFTやゲームに加えて実用的なIPビジネスを展開するために正式に提携しました。このパートナーシップのもと、ZodiumはIOSTのエコシステムを受け入れ、IOSTの世界的なビジョンとインフラを利用してグローバルに成長していきます。

NFTとゲームを組み合わせたPlay2Earn(P2E)ブロックチェーンプロジェクトであるZodiumのコンセプトは、東洋の古代信仰である動物と占星術の干支から着想を得ています。Zodiumでは、誰もがゲームをプレイすることでエコシステムに貢献し、そのトークンを獲得し、経済的な報酬を得ることができます。

さらに、Zodiumは、ユーザーと彼らがプレイするキャラクターを結びつけることで、新しいブロックチェーンとゲームのエコシステムを導入したいと考えており、Zodiumはそれを「ソウル・ゾディアック」によって実現しました。ソウル・ゾディアックは、所有者と同じ星座と動物座のゾディアックです。ソウル・ゾディアックを受け取ると、ユーザーは限定的な特典を得ることができます。

ゾディウムの強み:コンテンツ・商品・システム

ゾディウムの強み:コンテンツ・商品・システム

まず、Zodiumのコンテンツは、LINE-FRIENDsの元共同創業者が設立した、IPビジネスで成功した経験を持つ世界最高のキャラクター制作会社であるIDOU Inc.が制作したアニメーション・キャラクターです。

キャラクターは、"12 KINDs "と名付けられています。

"12 KINDs "のキャラクターは、十二支の「ねずみ」「うし」「とら」「うさぎ」「たつ」「へび」「うま」「やぎ」「さる」「にわとり」「いぬ」「ぶた」を表しています。ゾディウムは、LINE FRIENDsでの成功体験をもとに、2022年第3四半期に「12KINDs」のアニメーションを開始し、ゲーム、グッズ、ショップ、テーマパーク、ユーティリティなどに事業を拡大していく予定です。

最後になりますが、Zodiumの「play to earn」システムでは、ユーザーはエコシステムへの貢献度に応じて報酬を請求することができます。しかし、Zodiumは、ユーザーが純粋にZodiumの世界を所有し運営できるように、透明性の高い環境を構築しています。

Zodiumの最初の製品は、2021年第3四半期末までに提供される予定です。この段階では、ユーザーはゲームを楽しみながら、干支のキャラクターを集め、取引し、アップグレードし、鋳造することで素早く利益を得ることができます。

干支のキャラクターの比類なき生産とビジネス展開に、革新的なブロックチェーンとゲームのコンセプトを組み合わせることで、Zodiumの究極のビジョンは、ブロックチェーン技術を通じて人々にポジティブな影響を与えながら、経済的な機会と個人の幸福を提供することです。

Zodiumチームについて

Zodiumは、古代東洋の動物信仰と占星術の干支にインスパイアされたPlay2Earnプロジェクトです。ユーザーは、ゲームをプレイすることでエコシステムに貢献し、トークンを獲得し、報酬を得ることができます。ユーザーは、Zodiumをプレイしている間に、NFTを収集、取引、アップグレードすることで、素早く利益を得ることができます。

現在、ZodiumはERC-20をベースとしていますが、マルチメインネット、BSC(BEP20)、Matic(Polygon)、IOST間のチェーンスワップをサポートする準備を進めています。

IOSTコミュニティに参加する

Ethereumネットワークの高い手数料と遅い取引時間は、新しいソリューションの登場に門戸を開いていますが、IOSTは2019年のメインネットの立ち上げ以来、人気を博しているプロジェクトの一つです。

Sequoia、Matrix、ZhenFundなどの主要な金融・VC企業に支持されているIOSTは、スケーラビリティ・トリレンマにきっぱりと取り組むために構築された、先駆的な分散型、高スループット、ガス効率の高いProof-of-Believabilityを搭載したスマートコントラクトプラットフォームです。このため、中国のCCIDによる最終ランキングでは、基礎技術部門のブロックチェーンプラットフォームとして、EthereumやEOS、その他のスマートコントラクトプラットフォームよりもIOSTが上位にランクインしています。これは、より優れた革新的な製品を展開するための品質と能力を証明するものであり、この分野で最高の存在になりたいという私たちの真の願いを反映しています。

IOSTは、採用率、性能、実用性の点でパブリックチェーンのリーダーの1つであり、ブロックチェーンの力を解き放つという使命に引き続き取り組んでいます。IOSTは現在、20カ国以上に50万人のコミュニティメンバーを抱え、400以上のノード、トップステーキングエコノミー、世界中に点在する企業との共生関係を築いています。

チャットやソーシャルメディアでIOSTのコミュニティに参加したい方、製品開発について議論したい方、どなたでも参加できます。:

Telegram |Announcement | Twitter |Japan Twitter | Korea Twitter | CEO Twitter |Developer Community| Uptrennd | Facebook |LinkedIn | Medium