BTC -0.63%
$64,790.79
ETH 1.57%
$3,540.53
SOL -1.94%
$135.63
BNB 1.68%
$598.43
XRP 1.57%
$0.49
DOGE -0.31%
$0.12
SHIB -0.63%
$0.000018
PEPE 5.76%
$0.000011
WienerAI(WAI)
限定セール中

イーサリアムの手数料を節約するためのL2ソリューションの使い方:イミュータブルX

Alex Lielacher
| 4 min read

イーサリアム(ETH)ネットワークは、ガス料金の高騰や取引確認時間の遅れに悩まされ、その規模を拡大することができずにいます。過去2年間の分散型金融(DeFi)と非化石トークン(NFT)の爆発的な増加に伴い、ネットワークへの負担は明白になり、手数料の削減とネットワークの混雑を緩和するレイヤー2スケーリングソリューションの開発が切望されるようになったのです。

レイヤー1とはブロックチェーンそのもののことで、レイヤー2とはその上に構築されたプロジェクトのことです。

Immutable Xは、NFTを低コストで鋳造・取引するためのEthereumのスケーラビリティ問題を解決するためにリリースされました。Immutable Xの詳細と、NFTに関連するEthereumのスケーラビリティの課題にどのように対処しているかについては、こちらをご覧ください。

Immutable Xとは?

 

NFTの普及に伴い、Ethereumの混雑が発生し、単純な取引でも非常に高い手数料が発生するようになりました。Immutable Xは、レイヤー2のソリューションを活用し、イーサリアムネットワーク上のトランザクションの負担を軽減し、ネットワークのスケーラビリティを支援します。

Immutable Xは、Ethereumネットワーク上のNFTのための最初のレイヤー2スケーリングプロトコルです。このプロトコルは、ユーザーのカストディを損なうことなく、即時の取引確認、スケーラビリティの向上、ガス料金ゼロを実現するとしています。イーサリアムブロックチェーンの整合性を維持しながら、そのパワーとセキュリティを活用することで、NFTのネットワークスケーラビリティを解決することを意図しています。

ImmutableとStarkwareのコラボレーションは、オープンな分散型環境でのデジタル資産のスケーリングを目的としています。

Immutable Xはどのように機能するのか?

 

イーサリアムのNFTエコシステムは、いくつかの重要な課題に直面しています。スケーリングはその筆頭で、ネットワークが1秒間に処理できるNFTトランザクションはほんの一握りに過ぎません。

NFTのオンチェーン活動の増加は、ネットワークの混雑と取引速度の大幅な低下につながっています。その結果、ユーザーがトランザクションを確認するために競争し、ネットワークが遅く、高価になるため、ETHガス料金に影響を及ぼしています。

ガス料金の高騰と取引時間の長さにより、オンチェーンでのNFT取引活動は減少し、NFT市場はより安価なチェーンに拡大しました。同様に重要なのは、NFT開発者が直面するスケーラビリティによる技術的な限界と、NFTが環境に与える影響に関する論争です。

Immutable Xは、ZK-RollupsとValidiumという2つの異なるレイヤー2ソリューションを導入することで、これらの課題に対処しています。Volitionモデルでは、ユーザーは特定の資産をValidium zk-proofsとして保有するか、ZK-Rollupsとして保有するかを選択することができるようになります。

Immutable Xは、ZK-Rollupsを使って、これらの取引がすべて有効であるという証明を作成し、その証明をオンチェーンで公開し、スマートコントラクトによって検証することによって、何千ものオフチェーン取引を処理します。取引の検証は、資産の所有者がその取引に署名することで行われます。

イーサリアムのネットワークは依然としてスマートコントラクトの証明をホストしているため、スピードの向上とともにネットワークの安全性が確保されます。

ValidiumはZK-Rollupsと似ているが、結果として得られる証明がレイヤー1上で公開されないという点で異なります。これは取引速度を向上させる役割を果たす一方で、権威を保持するための信頼できるグループが必要です。重要なのは、Validiumがまだ実装されていないことです。

Immutable XのトランザクションはEthereumのレイヤー1で処理されていないため、ガス抜きのような状態になっています。これは、オンチェーン・トランザクションに課される法外な手数料とは大違いです。Immutable Xは、毎秒最大9,000件のNFTトランザクションを処理することができ、またトランザクションの即時解決も可能です。

この即時解決により、NFT取引のユーザーエクスペリエンスが劇的に向上し、イーサリアム上で作品を鋳造したいNFTクリエイターにとってスケーリングの課題が解消されます。

Immutable Xは、IMXと呼ばれるネイティブユーティリティトークンを持ち、そのマーケットプレイスでのNFTの取引を強化し、ステークして報酬を得ることができます。

イーサリアムのブロックチェーンを保護するために必要なエネルギー集約的な計算とは異なり、Immutable Xはプロトコルを保護するためにステーキングに依存しています。そのため、レイヤー2プロトコルのエネルギー消費は少なく、環境に優しい代替手段となっています。

Immutable Xと他のEthereumレイヤー2スケーリングソリューションはどう違うのか

 

イーサリアムのレイヤー2ソリューションには、ステートチャンネル、プラズマ、オプティミスティックロールアップがあります。これらのプロトコルは、ブロックチェーンのトリレンマを解決するために、分散化、セキュリティ、スケーラビリティの3つのうち1つを犠牲にするというアプローチがimmutable Xと異なります。

ステートチャンネル

 

ステート・チャンネルは、ユーザーがオフチェーンで何千もの取引を行いながら、オンチェーンでは開始と終了の取引しか提出できないようなスケーリング・ソリューションを使用しています。中間状態は両者によって署名され、同意が示されます。これは自由なピアツーピア取引とより高いレイヤ1スループットへの扉を開く一方で、特に取引で自分の代理を他人に頼る場合、参加者をカウンターパーティ詐欺にさらすことになります。

一方、ZK-Rollupsはトランザクションをバッチ処理し、そのバッチの「証明」を生成します。このプルーフを使えば、各トランザクションを個別にチェックするのではなく、バッチ全体を外部でチェックすることができるのです。

プラズマ

 

PlasmaはスマートコントラクトとMerkleツリーを用いて、複数の子チェーンを作成します。不正の証明の使用を通じて、プラズマチェーンはイーサリアムメインネットのセキュリティを直接継承します。

しかし、即時の取引解決を提供するImmutable Xとは異なり、Plasmaチェーンからの出金は最大で2週間、ユーザーが不正を報告できる出口期間を要します。これはユーザーにとってシステムのUXに劇的に影響します。

オプティミスティック・ロールアップ

 

Optimistic Rollupsは、アグリゲーターと呼ばれる主要なアクターを使用して、オフチェーンでの取引のバッチをまとめ、詐欺の証明を通じてメインチェーン上のスマートコントラクトに送信することにより、イーサリアムレイヤー1を拡張します。これにより、ネットワークはすべてのトランザクションに対してではなく、トランザクションのバッチに対してコンセンサスを得ることができ、結果としてトランザクションの速度を向上させることができます。

 

NFTをスケールするためにOptimistic Rollupsを使用することの欠点は、NFTの高速な引き出しの可能性がないことです。また、Optimistic Rollupが成功し、かなりの量の価値を保持した場合、攻撃を受けやすくなります。

これに対し、ZK-Rollupsは不正の証明ではなく、有効性の証明を用いてオンチェーン取引を処理し、取引が有効で不変であることを即座にユーザーに確認させることができます。

既にImmutable Xを使っているのは誰なのか?

 

数多くのブロックチェーンゲームやNFTマーケットプレイスがすでにImmutable Xを採用し、ユーザーエクスペリエンスを向上させています。現在、Immutable Xを採用しているDAppのリストはこちらです。

Gods Unchained (NFTカードゲーム)
マイクリプトヒーローズ(NFTゲーム)
クリプトアサルト(MMO)
ウォーライダース (MMO)
ギルド・オブ・ガーディアンズ(モバイルRPG)
MLB Champions Baseball」(NFTコレクターズゲーム)
OpenSea(NFTマーケットプレイス)
Mintable(NFTマーケットプレイス)
RTFKTスタジオ(ファッションNFTスタジオ)
SuperfarmDAO(DeFi NFTファーム)

L2ソリューションを使用してイーサリアムのガス料金を削減する方法については、レイヤー2スケーリングソリューションであるArbitrumについての最初の記事をご覧ください。

____

詳しくはこちら

-n