ドルの優位性と非伝統的基軸通貨の台頭

| 1 min read
Source: Adobe/William W. Potter

 

Serkan Arslanalp:国際通貨基金(IMF)統計局国際収支課副課長、Barry Eichengreen:カリフォルニア大学経済・政治学部ジョージ・C・パーディー・アンド・ヘレンN・パーディー教授、Chima Simpson-Bell:IMFアフリカ部エコノミスト
_______

米ドルは長い間、世界市場で大きな役割を担ってきました。過去20年間、米国経済が世界の生産高に占める割合が減少しているにもかかわらず、米ドルはその役割を果たしてきました。

しかし、世界貿易、国際債務、ノンバンク借入における米ドルの存在感は、貿易、債券発行、国際借入・貸付における米国のシェアを依然としてはるかに上回っており、中央銀行はかつてのように米ドルを外貨準備として保有することはありません。

IMF の公式外貨準備の通貨構成によると、「今週のグラフ」が示すように、世界の外貨準備に占めるドルの割合は昨年最終四半期に59%を下回り、20年来の減少に歯止めがかかっています。

外貨準備の構成が大きく変化している一例として、イスラエル銀行は最近、2,000億米ドルを超える外貨準備の新たな戦略を発表しました。今年から米ドルの比率を下げ、豪ドル、カナダドル、中国人民元、日本円への配分を増加させます。

IMFの最近のワーキングペーパーにあるように、米ドルの役割の縮小は、他の伝統的な準備通貨であるユーロ、円、ポンドの割合の増加には追いついていません。さらに、人民元による外貨準備の割合も増加しているが、これは近年のドル離れの 4 分の 1 に過ぎず、中国の資本勘定が比較的閉鎖的であることが一因です。さらに、ワーキングペーパーで参照したデータを更新すると、昨年末の時点で、ロシア一国が世界の人民元準備の3分の1近くを保有していることが分かりました。

これに対して、豪ドルやカナダドル、スウェーデンクローナ、韓国ウォンなど、従来は準備ポートフォリオにあまり含まれていなかった経済規模の小さな国の通貨は、ドルからのシフトの4分の3を占めています。

このような通貨への移行を説明するのに役立つと思われる要因が二つあります。

  • これらの通貨は、高いリターンと比較的低いボラティリティを兼ね備えています。中央銀行の外貨準備高が増加し、ポートフォリオ配分の重要性が高まるにつれ、こうした通貨の魅力はますます高まっています。
  • 自動マーケットメーカーや自動流動性管理システムなどの新しい金融技術によって、経済規模の小さい国の通貨をより安く、より簡単に取引できるようになりました。

場合によっては、これらの通貨の発行者は、連邦準備制度(Fed)と二国間スワップラインも持っている。このことは、自国通貨の価値がドルに対して維持されることへの信頼感を醸成していると言えます。

一方で、この要因の重要性には疑問もあります。非伝統的通貨は変動しやすいです。実際、ドルに対して大きく変動しています。また,非伝統的通貨の発行体がFRB との二国間スワップ枠を引き当てたことは、あったとしてもほとんどありません。回帰分析によれば、FRB のスワップ・ラインを持つことは、受取人の外貨準備に占めるドルの割合 を9%ポイント増加させることに関連します。これは、スワップ・ラインが実際の外貨準備の不完全な代用品であることを示すかもしれません。

より妥当な説明は、こうした非伝統的準備通貨は、資本勘定が開放され、健全で安定した政策の実績がある国によって発行されていることです。基軸通貨発行国の重要な属性には、経済規模や財務の深さだけでなく、政策の透明性や予見可能性も含まれる。つまり、経済や政策決定の安定性が国際的に受け入れられるかどうかが重要なのです。

世界の基軸通貨シェアを回帰分析すると、経済的なリスクプレミアム(デフォルトを補償するためにクレジットデリバティブを利用するコスト)が高いほど、世界の基軸通貨 シェアが低下することが確認されました。明らかに、保有者は、優れたガバナンス、経済的安定性、健全な財政で知られる国の通貨を好んでいます。
__

この記事はblogs.imf.orgに掲載されたものです。

____
詳しくはこちら: 
Russia Sanctions Means Countries May Transition to Bitcoin Reserves – Pantera’s CEO
Ukraine War Raises Questions About the ‘End of Monetary Regime’ and Role of Bitcoin 

Game Theory of Bitcoin Adoption by Nation-States

Prepare For ‘Uncertain Future of Money’ – US Intelligence Center
Bitcoin Mass Adoption Would Benefit and Harm Current Economy