ソラナ(SOL/Solana)の価格予想と今後|2024年〜2030年の将来性

Masafumi Sakoda
| 14 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。

チャート画面の上にあるたくさんのコイン

ソラナ(SOL/Solana)は、分散型アプリケーション(DApps)の開発ができる将来性のあるブロックチェーンプラットフォームです。高速かつ低コストで利用できるため、多くの企業やエンジニアから支持されており、NFTや分散型金融(DeF)などの領域でも実用化が進んでいます。

ソラナ(SOL/Solana)は時価総額ランキングで上位に入る人気の暗号資産(仮想通貨)です。2020年のローンチ以来、常に多くの投資家から注目を集めています。本記事では、ソラナ(SOL/Solana)の将来性や価格予想について解説します。「ソラナ(SOL/Solana)の将来価格が知りたい」「投資を検討しているが今後の価格動向を知っておきたい」という方向けに分かりやすく解説しているため、ぜひ最後までご覧ください。

ソラナ(SOL/Solana)価格予想チャート


ソラナ(SOL/Solana)過去価格チャート


ソラナ(SOL/Solana)の詳細


通貨名Solana
Solana シンボルSOL
Solana 価格$148.32
Solana 変動率(24時間)▼ -1.21%
Solana 変動率(7日)▼ -13.42%
Solana 時価総額$66,655,338,451
総供給量449,400,410 SOL

ソラナ(SOL/Solana)の価格予想ダイジェスト|2024年、2025年、2030年


財布からはみ出るビットコインと周りに散らばるアルトコイン

以下の表では、2024年と2025年、2030年にソラナ(SOL/Solana)仮想通貨が将来的にどのように価格が動向するか分析したものです。

一時期はオワコンと言われたソラナですが、本記事執筆時点では価格の回復傾向が見られます。仮想通貨の最新情報を発信するテコぺディアによると、2025年には100ドルから200ドルの上昇を見せると述べています。多くの投資家が、最高値の更新を期待するソラナの分析結果は以下のとおりです。

最低価格

平均価格

最高価格

2024

40ドル

100ドル

140ドル

2025

80ドル

120ドル

200ドル

2030

85ドル

97.50ドル

105ドル

ソラナ(SOL/Solana)の価格動向と将来価格


青い背景に表示されている複数のチャート

ソラナ(SOL/Solana)仮想通貨の将来と現在の価格について解説します。

仮想通貨ソラナ(SOL)の長期的な価格動向

ソラナの長期間チャート

仮想通貨ソラナ(SOL)の価格は2021年7月から11月にかけて大きく上昇。チャート分析ツール「Trading View」によると、11月には同年6月の価格から約5倍となる史上最高値を記録しています。高騰した理由は、コロナ禍における各国の金融緩和政策による過剰流動性相場の影響で、仮想通貨市場に資金が流入したためです。

ですが、2021年末から状況は一変します。新型コロナの感染拡大が終息に向かい経済活動が正常化する中で、人員や資源の供給不足に陥ります。ロシアによるウクライナ侵攻の影響で資源価格が高騰し、世界的にインフレが懸念され始めました。

主要各国は金融引き締め政策に転向し、仮想通貨市場は冷え込みます。ソラナも2021年末から大きく下落し、2022年1月には価格が約2分の1にまで下落しました。

2022年6月以降に一旦下落は止まったものの、同年11月、大手仮想通貨取引所FTXの破綻により市場全体が影響を受けました。ソラナの暴落理由はさまざまな要因が重なったためと言えます。FTXの元CEOが過去に支援していたり、同社が多く保有していたりした点が価格の急落につながっており、「ソラナはオワコン」とまで言われるようになりました。

2023年後半からは少しずつ回復を見せており、2024年6月現在は2023年1月の10ドル台から大幅に上昇した172ドル付近で取引されています。トレンドになっているドージコインの価格予想と併せて、今後の動向から目が離せません。

仮想通貨ソラナ(SOL)の直近の価格推移

ソラナの短期間チャート

2023年後半からのソラナは、微増傾向にあります。市場全体では、ビットコインの上場投資信託(ETF)が承認。多くのビットコイン成功者が誕生しました。同年3月以降は価格が停滞しており、小さく上昇と下降を繰り返しています。

2024年4月にはビットコインの半減期を迎えましたが、大きな変動は見られません。今後はイーサリアムの上場投資信託による高騰が期待されており、再び高値を更新する可能性があります。ソラナは時価総額5位にランクインする代表的な仮想通貨であるため、ビットコインの今後と併せて、動向に注目する投資家も多いです。仮想通貨の次のバブルに備えて、今から準備をしておきましょう。

ソラナ(SOL/Solana)は専門家も好意的な判断を示している


チャートを見つめる2人の男性

2024年に入り、仮想通貨市場の変動と競合プロジェクトの出現により、ソラナ(SOL/Solana)仮想通貨の価格は下落していました。ですが、ここから大幅な成長が期待できると予想する専門家は少なくありません。

2024年の後半にかけて、ソラナは技術的進歩やエコシステムの拡大、市場の信頼の高まりに支えられて、大きく価格が回復すると予想されています。2025年に入ると、技術革新とエコシステムの拡大が原動力となり、最高価格は200ドルに達するという見込みも。2030年には、技術革新とNFTやメタバースなどのユースケースが拡大し、470ドルに達する可能性が示唆されています。ネットワーク強化、エコシステムの拡大、仮想通貨市場や機関からの支持の高まりが、プロジェクトの成長を後押しするはずです。

仮想通貨ソラナ(SOL/Solana)とは


浮遊している複数のブロックチェーン

ソラナ(SOL/Solana)仮想通貨は、コンピューターエンジニアであるアナトリー・ヤコベンコによって2017年に考案されたブロックチェーンプラットフォームです。分散型アプリケーション(DApps)を活用して、処理性能を最適化させる目的をもっています。すべてのユーザーに安定した開発環境を提供するために誕生したおすすめ仮想通貨です。

ソラナは仮想通貨イーサリアム(ETH)などとの差別化を図るため、さまざまな施策を行っています。多くの投資家から「イーサリアムキラー」の代表格とされており、理由は以下のとおりです。

  • 取引手数料を安く抑えて利用できるから
  • 処理速度がイーサリアムより桁違いに速いから
  • 独自のコンセンサスアルゴリズム「プルーフ・オブ・ヒストリー(PoH)」を採用しているから
  • イーサリアムブロックチェーンとのブリッジ機能を開発しているから
  • 利便性の高さからローンチからわずか1年で、100以上のプロジェクトで活用されているから

ソラナブロックチェーン上で使用される仮想通貨は「SOL」と呼ばれ、ステーキングなども可能です。高速かつ低コストでの取引を実現しているソラナは、分散型金融(DeFi)やNFT、仮想通貨決済としても利用されています。最近では、NFTゲーム分野での利用も目指しており、人気と将来性の高まりに注目が集まっています。

ソラナ(SOL/Solana)の4つの特徴


貯金箱に落ちる複数のビットコイン

ソラナ(SOL/Solana)仮想通貨の特徴は、以下の4つです。

  • プルーフ・オブ・ステーク(Proof-of-Stake/PoS)を採用している
  • 上限枚数を設定していない
  • 異なるブロックチェーンと相互運用できる
  • DApps(分散型アプリケーション)を開発できる

ひとつずつ解説していきます。

プルーフ・オブ・ステーク(Proof-of-Stake/PoS)を採用している

ソラナ(SOL/Solana)仮想通貨の特徴として、コンセンサスアルゴリズムにプルーフ・オブ・ステーク(Proof-of-Stake/PoS)を採用している点が挙げられます。コンセンサスアルゴリズムとは、ブロックチェーン上で取引を記録する際に合意形成を行うメカニズム。

プルーフ・オブ・ステークを活用するメリットは、以下のとおりです。

  • 高速な処理速度と低コストでの取引を実現できる
  • ステーキングにより報酬を得られる機会が増える

ブロックチェーンごとでルールが異なり、ビットコインの「プルーフ・オブ・ワーク(Proof-of-Work/PoW)」、イーサリアムの「プルーフ・オブ・ステーク(Proof-of-Steak/PoS)」が有名です。

一方、ソラナのコンセンサスアルゴリズムは、上記の仮想通貨と比べても高い処理性能を誇ります。1秒あたりの取引処理数は、それぞれ以下のとおりです。

ソラナ 3000件〜5000 件
ビットコイン 約6件
イーサリアム 約15件

公式サイトによると、本記事執筆時点で取引1件あたり0.00064ドルという格安な手数料で処理できると述べています。なお、ソラナと同じく処理速度と取引コストに力を入れている仮想通貨ポリゴン(polygon/MATIC)の今後にも注目しておきましょう。

また、トークンをあまり保有できていないユーザーでも、ステーキングによる報酬が得られる点も特徴のひとつです。

ステーキング報酬機能の導入により、トークン保有者がネットワークに参加する意味を見出し、報酬を通じたエコシステムが構築されています。さらにプロジェクトが発展した場合、ビットコインカジノが誕生する可能性も考えられます。

上限枚数を設定していない

ソラナ(SOL/Solana)仮想通貨の特徴は、上限枚数を設定していない点です。仮想通貨ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、日本アイドルトークン(NIDT)などは、枚数に上限を設けています。その理由は以下の3つです。

  • 仮想通貨の希少性を保ち、価値を維持するため
  • 発行量をコントロールして市場への供給過多を防ぐため
  • 中央集権型取引所(CEX)がないため、上限を設定して価値を保護するため

ビットコインの場合、市場への供給過多を防止するため、2100万枚という上限を設定しています。投資したい方はビットコインの買い方を確認しておきましょう。

一方のソラナは上限枚数を設けておらず、毎年インフレ率を低下させるアプローチを採用。その代わり新規の発行数を制限して、通貨価値が下落しないよう取り組んでいます。発行枚数の調整により、柔軟に供給をコントロールし、通貨の価値とエコシステムの拡大に貢献しているのです。

異なるブロックチェーンと相互運用できる

ソラナ(SOL/Solana)仮想通貨には、異なるブロックチェーンと相互運用できるという特徴があります。本来ブロックチェーンはそれぞれ独立した存在であり、異なるチェーン間での通貨交換やデータ連携が難しいケースがほとんどです。

ソラナは、ほかのブロックチェーンと相互運用性を備えています。具体的なメリットは、以下の3つです。

  • 仮想通貨やデータ送金できる
  • ブロックチェーンを社会に普及させるための後押しとなる
  • 手続きに応じてブロックチェーンを使い分けられるようになる

金融取引の際は秘匿性に優れたチェーンを利用し、決済には処理速度に優れたチェーンを使用するなど、用途に応じたブロックチェーン活用ができます。

現在も、イーサリアム以外のさまざまなブロックチェーンとのブリッジを構築中。今後もイーサリアムと連携する銘柄は増えると予想できるため、今から仮想通貨イーサリアムの買い方を確認しておくといいでしょう。相互運用性が高まっていけば、ブロックチェーンの社会実装を大きく進める存在となっていきます。

DApps(分散型アプリケーション)を開発できる

ソラナは、DApps(分散型アプリケーション)の開発プラットフォームとして注目されています。DAppsを開発できるようになると、ユーザーはゲーム内のキャラクターやアイテム、土地などを直接取引できるようになります。

NFTマーケットプレイスでは、複数のユーザーと一緒に土地の所有権の分割購入なども可能です。スマートコントラクト機能も備わっているため、転売が発生するたびにクリエイターは利益を受け取れるような新しい経済活動が生まれます。

DApps上のデータは分散管理されており、情報漏洩やデータの改ざんなどのリスクを防げます。契約内容は自動で実行できるため、多くのエンジニアからも支持されているプラットフォームです。

ソラナ(SOL/Solana)の今後と将来性


パソコンを見る男性と大きなチャート画面

ソラナ(SOL/Solana)仮想通貨の今後や将来性について、4つの観点から解説します。

  • エコシステムの促進が注目されている
  • DAppsの普及とNFT、分散型金融(DeFi)の実用化
  • Web3.0に特化したスマートフォンの発売
  • 複数の有名企業との提携

ひとつずつ解説していきます。

エコシステムの促進が注目されている

ソラナ(SOL/Solana)は、2024年5月15日にソラナの日本コミュニティ「Superteam Japan」が始動すると発表しました。日本でもエコシステム促進に向けた大きな一歩となる可能性があり、注目を集めています。

そもそもSuperteamは、世界各国でソラナエコシステムの促進を目的としたコミュニティです。これまでドイツやイギリス、インドなどの12カ国で立ち上げられており、日本が新しく一員に加わりました。

日本でコミュニティを設立した目的は、以下の2つです。

  • コミュニティGDPの増加
  • 日本で能力の高いソラナ開発者を増やす

Superteam自体が世界中に広がっていけば、ソラナへの注目度もさらに高まっていきます。Web3.0仮想通貨として、将来性が高いとされている日本。Superteam Japanが日本のWeb3.0発展に貢献し、今後ソラナやICO仮想通貨などのエコシステムが日本で爆誕するか期待されています。

DAppsの普及とNFT、分散型金融(DeFi)の実用化

ソラナ(SOL/Solana)は、高速かつ低コストで処理できるブロックチェーンである点から、分散型アプリケーション(DApps)の開発プラットフォームとして人気です。すでにリリースされているDAppsのラインナップを見ても明らかで、有名なものとして、下記があります。

  • STEPN
  • MeanFi
  • Magic Eden

将来的にソラナの需要が見込まれている理由は、DAppsのリリース計画です。前述したような知名度を誇るサービスがリリースされた場合、仮想通貨によるオンライン決済やネットワーク手数料の支払いとして、ソラナの知名度はさらに高まっていきます。

本記事執筆時点で、ソラナを基盤として発行されているNFTの数は3億4000万点以上。SolSeaや前述したMagic Edenなどの主要なNFTマーケットプレイスもソラナ上で運営されています。

DeFi仮想通貨の展開も活発となっており、ソラナの仮想通貨の実用性が高まっている要因です。今後は、メタバース仮想通貨としての活用も期待されます。併せて、ソラナと同様にブロックチェーン技術で革新的な仮想通貨エイダコイン(ADA/カルダノ)の将来価格も、ぜひチェックしておきましょう。

Web3.0に特化したスマートフォンの発売

運営チームのソラナラボが開発したWeb3.0に特化したスマートフォン「Saga」は、2022年6月の発表以来、多くの注目を集めてきました。2023年4月から一般販売が開始され、安全性と利便性の向上に寄与する「Seed Vault」システムやDApps Storeの搭載などが特徴です。

「Saga」の話題性に拍車をかけたのが、2023年12月に発表されたボンク(BONK)の仮想通貨エアドロップです。Saga購入者へのエアドロップは、約877ドル相当の利益になり、Sagaの購入価格599ドルを上回りました。

2024年1月には、新たなスマートフォン「Saga 2(仮称)」の発売を計画していると発表。今回も仮想通貨取引や保有など、統合的に管理できるカスタム機能を備えた1台になると予想されています。

Web3.0型スマートフォンの進捗は、ソラナだけでなく、仮想通貨業界の将来性に大きな影響を与える可能性が大きいです。それに伴って、おすすめの草コインで爆益を狙う投資家が増えると予想できます。

複数の有名企業との提携

ソラナ(SOL/Solana)の将来性を裏付ける要素のひとつが、多くの有名企業との提携です。これまでソラナは、以下の企業と提携を結んできました。

  • Meta
  • Brave
  • Google
  • Discord
  • Jump Crypto

ソラナに限らず、仮想通貨プロジェクトと企業が提携するメリットは多岐にわたります。まず、認知度の向上は明らかです。提携企業を通じて、ソラナの存在や利用可能性が知られるため、多くのユーザー獲得に繋がります。

実用性の向上も大きなメリットです。提携した企業の商品やサービス利用や、ソラナで仮想通貨にかかる税金などを支払いできるようになれば、仮想通貨のニーズと需要も高まります。

今後も、ソラナが世界的企業と提携を結んでいけば、認知度や実用性、信頼性の向上につながっていきます。プロジェクトの将来性に好循環を生み出す原動力となり、ソラナから仮想通貨億り人が誕生するはずです。

ソラナ(SOL/Solana)仮想通貨の買い方


複数の仮想通貨と仮想通貨ランキング

ソラナ(SOL/Solana)仮想通貨の購入手順は、以下のとおりです。

  1. 仮想通貨取引所で口座を開設する
  2. ソラナ(SOL/Solana)仮想通貨を購入するため口座に資金を入金する
  3. ソラナ(SOL/Solana)仮想通貨の値動きを分析しておく
  4. 仮想通貨取引の種類を選択する
  5. 数量を指定して購入する

口座を開設する際は必要書類を用意しておくとスムーズに手続きを進められます。利用する仮想通貨取引所によって入金方法が指定されていたり、手数料が異なったりしているので、事前の確認がおすすめです。ちなみに、ソラナ以外のアルトコインも管理するには、仮想通貨専用の財布が必要です。当メディアでは、メタマスクの使い方をわかりやすく解説しているので、併せてご覧ください。

チャートや取引履歴などを確認し、現在の価格や過去の値動き、市場のトレンドなどをチェックします。ソラナに良い影響を与えそうなニュースやイベントがないか確認する方法も有用です。

取引の種類を選ぶ場合は、成行注文と指値注文が代表的な注文方法です。市場の状況や自身の投資方針に合わせて、適切な取引方法を選びましょう。数量を入力し、取引を実行すれば、ソラナの購入手続きは完了です。

ソラナ(SOL/Solana)購入におすすめの仮想通貨取引所


ネオン色に光る仮想通貨

ソラナ(SOL/Solana)仮想通貨の購入におすすめの仮想通貨取引所として、MEXCが挙げられます。MEXCは、2018年にシンガポールで誕生した仮想通貨取引所です。急成長を遂げた2019年には、仮想通貨市場の5%のシェアを獲得。アメリカやカナダ、エストニアなどではコンプライアンスライセンスを取得しており、安全性と健全な運営が認められています。

少額の資金でもハイリターンを狙えるため、多くのユーザーが利用しています。過去の例として、仮想通貨リップル(XRP)の買い方を確認しておいて、1000倍銘柄として投資する方法もあります。取引高に応じてボーナスや対象の仮想通貨が配布されるため、トレードとインセンティブの両方で爆益となる仮想通貨を獲得できるのも魅力です。

ソラナ(SOL/Solana)の将来性に関するよくある質問


VRをつけてこちらを見ている女性

ソラナ(SOL/Solana)仮想通貨の将来性に関するよくある質問は、以下の3つです。

ソラナ(SOL/Solana)のトランザクションはどこで確認できますか?

ソラナ(SOL/Solana)のトランザクションは、エクスプローラーサイト「SolScan」で確認できます。 SolScanは、トランザクションやアカウントデータを検索できるソラナブロックチェーン専用のサイトです。

トランザクションの確認は、以下の手順で行います。

  1. SolScan上でウォレットアドレスを検索する
  2. ウォレットのトランザクション履歴が表示される
  3. 確認したいトランザクションを選択する

ソラナブロックチェーンの詳細なデータを探せる便利ツールとして、初心者でも簡単に自身のトランザクションを追跡できます。

ステーキングにおすすめの仮想通貨取引所を知りたいです。

ソラナ(SOL/Solana)では、プルーフ・オブ・ヒストリー(PoH)という独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しており、ステーキングが可能なブロックチェーンです。

ソラナのステーキングには、MEXCなどの海外取引所がおすすめ。 MEXCはソラナのステーキングに対応しており、新規上場予定の仮想通貨の取り扱いが早いという特徴もあります。

ソラナ(SOL/Solana)の価格最高値を教えてください。

ソラナ(SOL/Solana)の価格は、2021年11月に過去最高値を更新し、259.96ドルを記録しました。

今後も勢いは長期的に続くと予想され、一部の投資家からは、時価総額においてバイナンスコイン(BNB)を抜き、USDT(テザー/USDT)を除くと仮想通貨第3位の地位を獲得するのではないかと注目されています。

ソラナ(SOL/Solana)仮想通貨の将来性まとめ


ネオン色にテーブルの上にあるアルトコイン

ソラナ(SOL/Solana)仮想通貨は、分散型アプリケーション(DApps)の開発ができるブロックチェーンです。本記事では、そんなソラナの将来性や今後の価格予想などを解説しました。

2020年のローンチから仮想通貨ランキングで上位にランクインしている銘柄として、多くの投資家から注目されています。「イーサリアムキラー」の代表格として、高速かつ低コストでの取引を実現。異なる仮想通貨のブロックチェーンと相互運用できる点から、用途に応じて利用できる利便性も兼ね備えています。ソラナ仮想通貨はオワコンであるどころか、将来性のある仮想通貨であるといえるでしょう。

仮想通貨投資で大きなリターンを狙うなら、プレセールやローンチ間際の仮想通貨にも注目です。仮想通貨プレセール情報は、将来有望な仮想通貨を割安で購入できるチャンスになります。

ソラナの将来性を分析する際は、確認・分析ツール「DEXTools」の利用もおすすめです。仮想通貨の次に流行るものに関する最新情報を収集でき、多くのユーザーが利用しています。仮想通貨やミームコインへの投資には一定のリスクを伴いますが、本記事でお伝えした適切な知識とツールを活用して、大きなリターンを得ましょう。