Chainlink
Chainlink

Chainlink

Chainlinkは、分散型のオラクルネットワークを構築することを目的としたプラットフォームです。また、現実世界のアプリケーションとブロックチェーン上のスマートコントラクトの間のギャップを埋めることも目指しています。

時価総額 出来高 24h 現在の供給量
$6,562,455,836 $1,699,431,883.16 380009559.0 LINK

 

Chainlinkとは?

Chainlinkは分散型のオラクルサービスです。スマートコントラクトに信頼性の高いデータフィード、API、支払い、その他のリソースへのアクセスを許可することで、スマートコントラクトの相互接続性を向上させます。

基本的に、Chainlinkはオンチェーンシステムとオフチェーンシステムの間のミドルウェアです。Chainlinkは、スマートコントラクトがオフチェーンのリソースにアクセスできるようにすることで、実世界のイベントに対応したり、外部のパフォーマンス証明が必要な契約を実行したりすることができます。

Chainlinkのエコシステムは、LINKネットワークとLINKトークンを中心に構築されています。当初、ChainlinkのソリューションはEthereumブロックチェーン上に構築されているが、同社はすべての主要なスマートコントラクトチェーンをサポートする予定である。

Chainlinkが解決する問題とは?

スマートコントラクトの接続問題
スマートコントラクト技術の最も顕著な問題の1つは、スマートコントラクトが実行されるノードネットワークの外にあるリソースと対話できないことです。

接続性がないため、スマートコントラクトの開発者が作れるものが限られてしまいます。例えば、Uberのようなアプリは、複数のデータフィード(GPSデータなど)と主要なアウトプット(決済ゲートウェイなど)を利用して、日常的に便利なサービスを提供しています。このような、同様のオフチェーンのリソースへの適切なリンクがないと、スマートコントラクトはオンチェーンのデータのみに縛られてしまいます。外部のデータにアクセスできるようになれば、高度なスマートコントラクトや分散型アプリケーションの新たな波を起こすことができます。

いずれにせよ、そのような外部入力と出力は、APIやデータフィードとしてすでに存在しています。ほとんどのWebおよびモバイルアプリはそれらを使用します。Chainlinkが直面する重要な問題は、エンドユーザーにとって最大の価値を維持する方法でそれらをスマートコントラクトに統合する方法です。

言い換えれば、信頼性の高い外部データを包含するスマートコントラクトを作成する方法が必要です。

接続性の問題は逆に、スマートコントラクトがオフチェーンのシステムにデータを出力できないことにもつながります。様々なAPIやレガシーシステムにデータをプッシュする機能を付与することで、オフチェーンのアクションを引き起こすことができ、外部を意識したタンパープルーフのコントラクトの開発が容易になります。

 

一元化されたオラクルの問題
オラクルは、実際のイベントに関する貴重でアクセスできない情報を提供するエージェントです。
 

スマートコントラクトが発明される前は、デジタル契約はコードに埋め込まれており、コードを制御する当事者によって変更、終了、または削除される可能性がありました。スマートコントラクトは、ゲームを変え、すべての当事者が約束通りに提供することを拘束する、分散化された、改ざん不可能な、自己検証可能な、自己実行可能な契約の新時代の幕開けとなりました。

根本的に、スマートコントラクトは従来の信頼関係のパラダイムを再定義するものであり、単一のパーティーに対する信頼を必要としません。

しかし、スマートコントラクトが1つの中央化されたデータソースだけに依存して実行されると、分散化の本質が失われてしまいます。既存のオラクルはすべて中央集権的なサービスです。そのため、スマートコントラクトは従来の中央集権的なデジタル契約よりも安全ではありません。
 

そのため、スマートコントラクトが従来のデジタル契約に取って代わるときには、データの入力と出力の高保証バージョンが必要になります。

 

チェーンリンクの仕組みは?

Chainlinkは、さまざまなノードを使って要求されたデータを取得します。それらのノードは、データをスマートコントラクトに返す前にコンセンサスを形成します。これにより、スマートコントラクトは単一のオラクルに依存しない。また、Chainlinkのノードは、1回限りのデータ取得タスクと複数回のデータ取得タスクの両方を行うことができる。また、Chainlinkノードは、1回だけのデータ取得タスクと複数回のデータ取得タスクの両方を行うことができ、データの受信をスケジューリングすることができます。

Chainlinkネットワークには、オンチェーン・コンポーネントとオフチェーン・コンポーネントという2つのインタラクティブな部分があります。

オンチェーン・コンポーネント
チェーンリンクのオンチェーンコンポーネントは、イーサリアムのブロックチェーン上のオラクルコントラクトで構成されています。ユーザーのデータ要求を監視および処理します。
 

オフチェーンのデータに対するリクエストがあると、彼らはそのリクエスト(コントラクト)をChainlinkネットワークに転送し、そこでネイティブなブロックチェーンのコントラクトに処理される。そして、これらのチェーンリンクコントラクトは、リクエストを適切なオラクルサービスとマッチングさせます。Chainlinkコントラクトは、レピュテーションコントラクト、オーダーマッチングコントラクト、アグリゲーションコントラクトの3つの部分で構成されています。

  • レピュテーション契約は、oracle-service-providerのパフォーマンスメトリックを記録し、その実績を確認します。
  • オーダーマッチング契約は、ネットワーク上のユーザーの提案をログに記録し、オラクルプロバイダーから入札を収集し、レピュテーション契約分析に従ってそれらを選択します。
  • 集約コントラクトは,すべてのオラクルプロバイダの回答を収集し,元のクエリに対する最終的な集合回答を計算する.

これらの契約が成立している状態で、Chainlinkのオンチェーンユニットは、3つのステップのプロセスを踏む。1) オラクルを選ぶ、2) データを報告する、3) 結果を集計する。

ユーザ契約では,不適切な情報や虚偽の情報に対するペナルティ料金をオラクルに課すことができます。これにより、公平で信頼性の高いサービスを提供するようにオラクルにインセンティブを与えることができます。

オフチェーン・コンポーネント
Chainlinkアーキテクチャの2つ目の重要な部分は、Ethereumネットワークに接続するオフチェーン・オラクル・ノードで構成されています。

これらのノードは、外部からのリクエストに対するレスポンスを収集します。個々のレスポンスは、いくつかのコンセンサスメカニズムを介して集計された後、単一の信頼できるグローバルレスポンスに変換され、コントラクトに変換されます。集められたデータは、ブロックチェーンとオフチェーンのデータリソースをつなぐ重要なコンポーネントであるChainlink Coreを介して処理されます。Chainlink Coreは、オフチェーンのデータを翻訳し、オンチェーンのオラクルに送信する装置です。

オフチェーンのノードはLINKで補償されます。また、開発者が書いた様々なサブタスクを実行する外部アダプタを統合することも可能で、データ収集の生産性が格段に向上します。

ェーンリンクのノードは、すでにパブリック・ブロックチェーンやプライベート・エンタープライズ・ネットワークの隣に設置されています。Chainlinkネットワークの核となる課題は、それらを分散して実行できるようにすることです。
 

Chainlinkの分散型オラクルサービス
従来のオラクルプロトコルは中央集権的です。そのため、スマートコントラクトはオラクルに依存してプログラムを実行しなければならず、故障の原因となる。しかし、誰かが中央集権的なオラクルプロトコルのデータに手を加えることを妨げるものはありません。それは有利な結果を操作するために使用することができます。

Chainlinkは、ソースディストリビューションとオラクルディストリビューションと呼んでいるものでそれに対処しています。ソース配布とは、オラクルが良い評判を維持するために、複数のソースからデータを引き出すことができることを意味します。オラクル配布とは、Chainlinkネットワークになされたリクエストが複数のオラクルに契約されることを意味する。

また、オラクルのデータは他のオラクルに対して測定されるため、システムはオラクルを正直に保つことができます。オラクルが偽のデータをプッシュし始めると、ネットワークによって直ちに罰せられ、(他のペナルティとともに)その評判が損なわれます。

その結果、ネットワークは、複数のオラクルによって配信され、コンセンサスメカニズムによって合意された最高品質のデータを保証する、完全に分散化されたアプローチを提供しています。

Chainlinkは、分散型のオラクルネットワークを提案する。分散型のオラクルアプローチは、単一のデータソースへの依存を制限します。

分散型オラクルサービスが非常に有用であることを証明するいくつかのユースケースがあります。:

  • 最新の市場価格、金利、その他の参照データを取得するためにAPIへのアクセスを必要とする債券、金利デリバティブ、その他の契約などの次世代証券契約
  • サプライチェーンシステムからのデータ、税関、貨物のGPSデータへのアクセスを必要とする貿易金融のスマートコントラクト
  • 保険のスマートコントラクト。保険対象となるイベントに関連するIoTデータフィードを使用するようです。例えば、強盗が発生した場合には、倉庫のドアがロックされているかどうかを確認したり、火災が発生した場合には、火災検知システムから最新のデータを取得したりすることが可能となります。

 

The Chainlink Team

Chainlink was launched in June 2017 by the San Francisco tech company SmartContract. The project is led by the CEO Sergey Nazarov and CTO Steve Ellis. Sergey Nazarov is a serial entrepreneur known as a founder of SmartContract, Secure Asset Exchange, and CryptoMail - a decentralized email service. Before co-founding SmartContract, Steve Ellis worked as a software engineer at Pivotal Labs and Secure Asset Exchange.

Besides the founder, as of 2018 December, Chainlinks’ website lists 16 team members and advisors.

The Chainlink ICO / Crowdsale

The Chainlink ICO has occurred on September 19, 2017. The token sale was a success, reaching its cap at $32 million in just 2 hours. However, it didn’t go without controversy, as $29 of those $32 million were raised in pre-sale, leaving less than 10% of the tokens for the official public sale. 1 LINK was sold for approximately $0.11.

 

The company issued 1 billion LINK tokens in total. 35% of the tokens went to incentivize the Node Operators. The other 35% were sold in the pre-sale and public sale. The company reserves the remaining 30% LINK tokens. They are kept to compensate the project developers and staff. That leaves 350,000,000 LINK in circulation.

The Chainlink (LINK) token

LINK is an ERC-20 token with the additional ERC223 “transfer and call” functionality. It allows the tokens to be processed and received by smart contracts within a single transaction.

The Utility of the LINK token
The LINK token is used in the Chainlink network to compensate Chainlink Node operators for the retrieval of data from the external data sources, turning it to blockchain readable format, off-chain computation, and uptime guarantees.

For instance, if a company wants to use a smart contract enhanced with a Chainlink node, they can do so with LINK tokens only. The Chainlink Node Operator determines the final price according to the demand for the off-chain resource and the supply of similar information.

Such a model of LINK token use has raised some arguments about the utility of the token. Some commentators say other cryptocurrencies are better suited to pay operators.

Where to Get Chainlink? 
As of December 2018, Chainlink (LINK) is listed on these exchanges:

Binance (paired with BTC, ETH).
Bithumb (paired with KRW). 
CoinBene (paired with BTC).
Huobi (paired with BTC, ETH). 
Bitrue (paired with BTC, ETH, XRP). 
Mercatox (paired with BTC, ETH).
Gate.io (paired with ETH, USDT). 
OKEx (paired with BTC, ETH, USDT). 
EtherDelta (paired with ETH). 
AirSwap (paired with ETH). 
IDEX (paired with ETH). 
COSS (paired with BTC, ETH).

The only exchange where you can get LINK with fiat is South Korea’s leading exchange Bithumb. It accepts deposits in South Korean Won (KRW), but only from Korean residents.

Where to Store Chainlink?As an Ethereum ERC-20 token, Chainlink can be stored in every wallet which supports Ethereum tokens. The most popular options include wallets like Metamask, Mist, MyEtherWallet, Trezor, and Ledger Nano S.

Current State of the Project

It’s hard to project Chainlink's current state because the company didn’t release any formal roadmap.

However, the project team has already launched a testnet with seven functional Chainlinks, allowing developers to interact with BraveNewCoin, CoinMarketCap, CryptoCompare, Kaiko, EasyPost, FlightStats, and Chainlink Alarm Clock APIs.

In the latest news, the company has acquired Cornell’s Town Crier project, which will be used for the further development of its trusted oracle system.

Also, the company continually expands its circle of partners. Here are a few notable Chainlink partners:

  • SWIFT - the international interbank communications network.
  • Zeppelin OS - an operating system designed for smart contracts.
  • Wanchain - an infrastructure for connecting different digital assets.
  • Signal Capital - a London-based private asset company.
  • Request Network - an exchange seeking to become the standard for exchanging fiat and cryptocurrencies.
  • Morpheus.Network - a global and automated full-service supply chain platform utilizing blockchain technology.

 

Similar Projects

  • Mobius (MOBI) - develops oracles for consumer applications on native dApp store.
  • Augur (REP) - focuses on oracles for the prediction markets that allow betting on future events.
  • Gnosis (GNO) - a decentralized marketplace to wage on future events.
  • Witnet (WIT) - general purpose anonymous oracles.