Rank #19
ビットコインキャッシュ(BCH)

Bitcoin Cash

BCH
$492.77
0.65% /24h

Bitcoin Cash currently traded at $492.77 price, we update this information in real time. Over the past 24 hours it changed from $489.59 to $492.77. Currently Bitcoin Cash is ranked as #19 in our chart. The total supply of Bitcoin Cash is 19,710,494.00

graph not available

Category

$Best of the best

Market cap

$9,417,545,454.00

Volume (24h)

$387,270,876.85

Volume/Market cap (24h)

4.11%

Circulating supply

19,710,494.00 BCH

Total supply

19,710,494.00 BCH

Max supply

21,000,000.00 BCH

Fully diluted market cap

$9,417,545,454.00
BCH to USD converter

Bitcoin Cash (BCH) は、おそらく最も有名なビットコインのハードフォークであり、「真の」ビットコインであることを掲げています。より高速なトランザクション、低手数料、そして優れたスケーラビリティを実現することで、真のデジタルマネーを目指しています。

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)のハードフォークにより2017年8月に誕生した暗号資産(仮想通貨)。当時、ビットコインコミュニティは取引速度を向上させ、トランザクション手数料を下げる上でビットコイン本来の技術にどのような変更を加えるべきか、意見が対立していました。

ビットコインキャッシュ派のマイナーと開発者は当時、ユーザー数が増加していく中で、ビットコインが真にスケーラブルであるか、懸念を表明していました。これらの問題を解決することができず、2つの派閥に分かれて激しい対立が生まれ、ハードフォークが発生し。「改革派」は、ビットコインプラットフォームの欠点を補うように設計されたピアツーピア(P2P)電子キャッシュソリューションとして、ビットコインキャッシュを誕生させました。

ビットコインキャッシュが目指すもの

ビットコインキャッシュは、既存の技術を大きく変えるのではなく、ビットコインの本来の目標に忠実であることを目指しています。そのため、ビットコインキャッシュには専用のホワイトペーパーはなく、代わりにサトシ・ナカモトの論文とビットコインの目標をそのまま継承しており、これらに独自の技術的な改良を加えています。

ビットコインキャッシュは、電子マネーとしての利用を重視しており、そのためにはトランザクション速度の向上が必要と考えています。開発者たちは、真の「デジタルマネー」を実現するためには、日常的な支払いに使えるように ビットコインのコードを改良する必要があると主張しています。例えば、コーヒー一杯分の支払いに使えるようにする必要があり、そのため、ビットコインキャッシュではビットコインよりもトランザクション時間を短縮する必要がありました。

これは、ビットコインキャッシュとビットコインの目的の違いを示しており、ビットコインキャッシュは、価値の保存手段としての側面よりも、日常的な取引手段としての利用を重視しています。

当時、ビットコインのトランザクション速度は 1 秒間に 7 回程度でした。そこで、ビットコインキャッシュチームはビットコインのブロックサイズ制限を 1MB から 8MB に増やすことで、検証プロセスを高速化し、難易度レベルを調整できるように修正。この制限を増加させることで、ビットコインキャッシュは 1 日あたり約 200 万回のトランザクション処理能力を持つように設計されました。

これらの変更により、トランザクション速度が向上し、プラットフォームがマイナーへの依存度を減らすことが期待されています。また、コードの変更により、暗号通貨取引所間での送金も容易になるはずです。

ビットコインキャッシュのスケーラビリティへの取り組み

ビットコインキャッシュは、ビットコインのスケーラビリティ対策が不十分であり、真の分散化という目標を達成できないと考えています。ビットコインから分岐した際、ビットコインキャッシュは単にブロックサイズ制限を変更するだけでなく、SegWit2x フォークの導入を拒否しました。これは、SegWit2x がスケーラビリティ問題を真に解決するものではないと判断したためです。

SegWit2x は、既存の SegWit 技術に基づいた妥協案として提案されました。SegWit は、一部のデータをブロックチェーン外に保存することで、プラットフォームのストレージ容量を解放し、確認時間を短縮し、より多くのトランザクション処理を可能にする技術です。しかし、ビットコインキャッシュの支持者は、ブロックサイズ制限が引き上げられないことに不満を持ち、SegWit2x のアップグレードを拒否しました。その後、2018年半ばにブロックサイズを 32MB に引き上げました。

さらに、ビットコインキャッシュは SegWit 導入のプロセスが透明性に欠けるとして、中央権威を排除した分散型プラットフォームを提供することを約束しました。

ビットコインキャッシュは、一般ユーザーにとってより使いやすいプラットフォームなのか?

ビットコインキャッシュは、ビットコインよりもアクセスしやすいプラットフォームであると主張しています。ビットコインキャッシュの支持者は、ビットコインの環境は新規参入者にとって敷居が高すぎると感じていました。

ビットコインキャッシュは、大容量ブロックを使用することでトランザクション手数料を低く抑え、ビットコインや他の暗号通貨よりも使いやすいプラットフォームを目指しており、低手数料は、販売者と一般ユーザーの両方にメリットをもたらし、ビットコインキャッシュの世界的な採用を促進すると考えられています。

さらに、ブロックサイズの増加により、1ブロックあたりのトランザクション数が増加し、マイナーはより多くの報酬を得られるようになります。

ビットコインキャッシュの新技術と現状

ビットコインキャッシュは、リプレイ攻撃からの保護と新しいトランザクションタイプという 2 つの主要な技術革新を導入しました。

リプレイ攻撃からの保護

フォーク後、複数のチェーンに保有するコインを持つユーザーを保護するために、リプレイ攻撃とワイプアウト保護技術を導入。リプレイ攻撃とは、ユーザーが 1 つのチェーンで送金を行うと、意図せず別のチェーンでも同じ送金が行われてしまうことです。ビットコインキャッシュのソリューションは、2 つのチェーンが共存しながらもユーザーへの影響を最小限に抑えることを可能にします。

新しいトランザクションタイプ

さらに、入力値署名や二次ハッシュ問題の防止機能などを備えた新しいトランザクションタイプが導入されました。

これらの技術革新は、ビットコインキャッシュをより安全で使いやすくするために設計されています。

ビットコインキャッシュが直面する可用性と問題

2017年8月、ブロック高478558時点で保有していたビットコインはすべてBCHの所有者になりました。技術的にかなり似ているため、ビットコインキャッシュを選択した人のビットコインは自動的にBCHに変わりました。流通しているコイン数は、生みの親と同じ2100万枚で、2019年4月時点で1700万枚以上が出回っています。当時の市場価値は51億ドルでしたが、最高値は2017年12月の590億ドルでした。

導入後まもなく、ビットコインキャッシュは時価総額でトップ10のコインの1つとなり、2019年4月時点で4位にランクインしました。 MEXCOKX(旧OKEx)などのプラットフォームで強力なサポートを受けているため、仮想通貨通貨取引所でBCHを購入するのは現実的な選択肢です。

購入後は、モバイルウォレット、デスクトップウォレット、ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットなど、さまざまなウォレットで保管できます。ほとんどのウォレットは無料でダウンロードでき、送金、受金、資金の保存、トランザクションの詳細などの機能をサポートしています。

しかし、ビットコインキャッシュは成功する一方で、以下のような問題も当初から抱えていました。

ビットコインキャッシュの分裂と未来への展望

ビットコインキャッシュが立ち直りつつあった矢先、コミュニティ内でブロックサイズに関する意見対立という新たな問題に直面しました。2018年11月15日、意見の相違はついに決定的となり、コミュニティは二つの主要なグループに分裂しました。

Bitcoin ABC (Adjustable Blocksize Cap の略) は、ブロックサイズの急激な変更に反対し、ビットコインキャッシュの伝統的な価値を守ろうとする派閥です。ロジャー・バー氏とマイニング機器メーカーのBitmainが中心となっています。

Bitcoin SV (Satoshi’s Vision の略) は、ビットコイン創設者のサトシ・ナカモト氏の本来のビジョンを継承することを掲げ、BCHからフォークしたもう一つの主要な派閥。ブロックサイズを現在の32MBから120MBに拡大することを主張しており、nChainというブロックチェーン開発企業と、クレイグ・ライト氏 (「フェイクトシ」と呼ばれている) の支援を受けています。

2019年4月、BinanceとKrakenは、Bitcoin SVの取り扱いを停止することを発表しました。

今後の計画

ビットコインキャッシュのコミュニティと開発者は、以下の4つの主要な点に焦点を当てて改善に取り組んでいます。

  • スケーラビリティ: 取引処理能力を現在の約100Tx/秒から5,000,000Tx/秒以上に引き上げる
  • 使いやすさ: 支払い処理を3秒以内に完了し、安全かつ迅速な決済を実現
  • 拡張性: 将来のアップグレードをスムーズに行えるように、拡張性のあるプロトコルを実装
  • セキュリティ: 有力レイヤー1ブロックチェーンアバランチ(Avalanche)と組み合わせるなど、セキュリティを強化している